2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 「ARIA The ANIMATION」第9話 | トップページ | 「ストロベリー・パニック!」第2話 »

2005.12.08

「KURAU Phantom Memory」Vol.7

Vol.7(16~18話)の感想です。

・・・イヴォンは生きていた・・・
しかも、新手のナンパはするわ、やりたい放題
です(汗)

16,17話は、15話の延長戦という感じですね。
ちょっと冗長かという気もしますが、クラウの
同族(リナクス)に対するスタンスはよく出ている
と思います。

人間の世界はリナクスの居場所ではないのか、
というSF的な疑問を提示しているのは、面白いと
思います。最近、こういうSF作品って少ないので
新鮮な気持ちにもなります。

17話、いよいよこの作品の黒幕が現れてきます。
クラウたちを追っていた王は更迭され、アヤカは
クラウに接触してくる・・・

なるほど・・・展開としては悪くないですね。
昔の敵が今の仲間、というのは王道です。
しかし、結局、病巣はGPOにあった、というのは
やや気になる展開です。

確かに、いままでのエピソードでGPOの異常な
ほど大きな権限を見てきたわけで、伏線としては
十分機能しているとは思うのですが・・・
脳では判っていても、体が納得しないような
印象です。

さて、「百合」的にはいつものように、クラウと
クリスマスのラブラブっぷりですね(汗)
この7巻ではそれほどのウェイトはないのですが、
それでも他のアニメでこのレベルなら、ウホッと
思うレベルはあると思います。

おすすめ度は・・・
■■■■■■□□□□
としておきます。

作画は・・・6巻と同じで、かなり修正している
印象です。それほどおかしくはないので、TV版
からは修正されているのでしょうね。

以前の感想はこちら。
「KURAU Phantom Memory」Vol.1,2
「KURAU Phantom Memory」Vol.3
「KURAU Phantom Memory」Vol.4
「KURAU Phantom Memory」Vol.5
「KURAU Phantom Memory」Vol.6

« 「ARIA The ANIMATION」第9話 | トップページ | 「ストロベリー・パニック!」第2話 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/7531315

この記事へのトラックバック一覧です: 「KURAU Phantom Memory」Vol.7:

« 「ARIA The ANIMATION」第9話 | トップページ | 「ストロベリー・パニック!」第2話 »