2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 雑誌「まんがタイムきららMAX」2005年12月号 | トップページ | 「メタルアジア」1 »

2005.12.05

「ぱりあんの園」

イマイヒヅル・作、ワニブックス・刊

読後の第一印象は・・・確かに、こういう作品は
ありそうでなかったですね。でも、中途半端な
エロさ
が残念!

お話はお嬢様女子校の柔道部が舞台です。
主人公・芍薬ぼたんは同じ柔道部の鉄扇先輩に
ゾッコン!鉄扇先輩のために実力を発揮します。
そんなぼたんにいろいろなトラブルが・・・
というコメディです。

女子校っぽいエス要素と、汗くさい柔道部という
アンバランス感と、それによるコメディがこの
作品のキモですね。

出てくるキャラクターもみんな「百合」っぽいし、
後半、誤解からぼたんが鉄扇とけんか状態に・・・
という、山場もちゃんと設けられているし、全体的に
悪くはない作品だと思います。

でも、残念なのは中途半端なエロなんですよね・・・

まあ、エロ漫画ほどではないので、そんなに気にする
事はないのですが、どうしてエロコメディにして
しまったのか、疑問は残ります。
作者・イマイヒヅル氏の「百合」に対する思い入れの
なさ
を露呈しているようにも感じます。

もう一つ、鉄扇としては最後まで、ぼたんを柔道部の
戦力としか考えていないのでは?という疑問が残る
ところも惜しかったですね。

ここまでやるなら、もう一歩踏み込んで欲しかった
という気持ちです。

鉄扇とマネージャーは本当にデキていて、それを
承知で、ぼたんは柔道部に戻る。ぼたんの青春はまだ
始まったばかり!みたいな展開の方が、個人的には
好みかも(汗)

しかしまあ、首尾一貫して「百合」だし、よくぞここまで、
という気持ちは強いです。

ということで、おすすめ度は、
■■■■■■■■□□
とします。
エロ分は気にしない!という方になら
■■■■■■■■■□
とします。

ところで、個人的にシスター紫苑が好みです。
彼女の感じるドキドキ感が一番感情移入できる
要素でした。後半、活躍しなかったのは残念。

« 雑誌「まんがタイムきららMAX」2005年12月号 | トップページ | 「メタルアジア」1 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/7483942

この記事へのトラックバック一覧です: 「ぱりあんの園」:

« 雑誌「まんがタイムきららMAX」2005年12月号 | トップページ | 「メタルアジア」1 »