2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 「舞-HiME」8 | トップページ | 「コミック百合姫」VOL.2 (前編) »

2006.01.18

「かしまし~ガール・ミーツ・ガール~」第1話

「少年はその日変わった」です。

観ました~。第一印象は・・・あれ、放送が始まる
までにBGMが完成しなかったの??

まあ、これも演出なのでしょうが、ちょっと新鮮
でした。最初から軽いノリだと、あかほりっぽ
過ぎるからでしょうか(汗)

さて、話の展開は原作とほぼ同じです。
一番大きな違いは、なす菜が「(はずむ)が女の子
だったら良かったのに」とモノローグするシーンが
ない代わりに、女の子になったはずむを見て、喜ん
でいるような表情になるということ位ですね。

まあ、小さい配慮ですが、原作より意味深になって
いて良いと思います。

あと、この作品1クール(13話)みたいですね。
と言うことは放送開始までにほぼ全話造られている
はずなので、オリジナルの最終回を迎えることに
なるのでしょうか。

まあ、そうなったら「はずむの青春はまだ始まった
ばかり!」
で終わるのでしょうが(笑)、はずむが
男に戻りそうな原作より良いかもしれませんね。

と言っても、「元は♂」という事実は変わらない
のですが。

しかし、トランスジェンダーものでも、お客さん
さえ付けば、そのお客さんは「百合」に流れる
可能性も大きいわけで、この作品にはそういう役割
を担って欲しいですね。

# ただ、やっかいなことに性転換そのものを嗜好
# する人もいるのですが(汗)

大きな期待を込めず、漫然と楽しみましょう。
はずむが♂だと最初から判明しているのは、ある
意味、幸運かもしれません。
(へんな期待をしなくてすむので)

ああ、こういう気持ち、あかほりさとる氏には
判らないだろうなあ・・・

おすすめ度は、とりあえず
■■■■■■□□□□
としておきます。

« 「舞-HiME」8 | トップページ | 「コミック百合姫」VOL.2 (前編) »

コメント

 私もこの第1話を見ました。私もまずは
生暖かい目で見守っていこうかと思っています(^_^)。
やす菜という百合キャラが出てくるストーリー、
と考えてみたり、、、。
 男性性が入ってくる余地を少し与えておくことで
ある程度の層をつかんでおいて、この後はおもむろに
別作品で百合な世界を提供する、という戦略(?)も
ありそうでしょうか。
 メディアワークスつながりで、後番組は
ストパニだったりとか、、、。

コメントありがとうございます。

>やす菜という百合キャラが出てくるストーリー

そうですね。でも・・・やす菜も普通の百合キャラ
ではないと解釈できる部分もあるし・・・
個人的には、「目の保養」で良いかなと考えて
います(汗)

>この後はおもむろに別作品で百合な世界を提供する
>後番組はストパニだったりとか、、、。

そのコンボがベストかもしれませんね。
考えてみたらその前は微「百合」の「ARIA」だし(汗)

さて、後番組は何になるのでしょうね。
以前、アニメ系のサイトで後番組は「ARIA」の
2シーズン目らしいという情報を目にしたのですが、
最近みたらそれも改訂されていました。

そうそう、「かしまし」自体、2クール(26話)になる
かもしれないという情報もあります。

ところで「シムーン」は春開始らしいですね。

またアニメ誌を買い始めるかもしれません(汗)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/8224070

この記事へのトラックバック一覧です: 「かしまし~ガール・ミーツ・ガール~」第1話:

« 「舞-HiME」8 | トップページ | 「コミック百合姫」VOL.2 (前編) »