2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 「アカイイト」のエイプリルフールネタ復活 | トップページ | 今週買った物など+検索順位 »

2006.01.13

「リリカル・ミステリー 春待ちの姫君たち」

友桐夏・作、集英社コバルト文庫・刊

このシリーズ2作目です。今回は学園もの
前作とのつながりは・・・なにもないようです。

読後の第一印象は・・・こ、今回は「百合」です
よね??(汗)

お話は・・・
女子校の中等部に通う、赤音と春来は親友同士
しかし、学園のカリスマ的存在の舞のせいで親友
関係は壊れてしまう。そして、春来がいなくなった
穴を埋めるように赤音の前に彩が出現する。
はたして、赤音と春来は親友に戻れるのでしょうか。
という感じです。

この作品は本当にリリカルなサイコスリラーものです。

「リリカル」「サイコスリラー」ですよ。
かなり難しい所を衝いた作品です。感心しました。
コバルト文庫のポテンシャルの高さを見せつけられた
ような感じもします。

ライトノベルでもサイコスリラーの作品はあると
思うのですが、そういう作品ってただただイタイのが
普通です。この作品も確かにちょっとイタイ内容ですが、
真の悪人はいないし、作品全体からちょっと甘酸っぱ
くて、リリカルな雰囲気が満ちているのが良いのです。

あと、話の構成が巧いですよね。舞が造った作中劇に
赤音と春来の関係をダブらせているのも巧いです。

カンジンな「百合」としては、もちろん赤音と春来の
親友をほんの少し超えたような関係です。
正直言って、その描写は多くないし、あまりおいしくも
ないです。

ただ、赤音の豹変に揺れ動く、周りのキャラクターの
心理描写が良いのです。私好みと言いますか。

まあ、「百合」的にはそこそこですが、私としては
とても憎めない作品ですし、前作に比べて「百合」度
も高くなっているので、おすすめ度は、
■■■■■■■□□□
とします。

このシリーズの過去の感想はこちら。
「リリカル・ミステリー 白い花の舞い散る時間~ガールズレビュー~」

« 「アカイイト」のエイプリルフールネタ復活 | トップページ | 今週買った物など+検索順位 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/8146989

この記事へのトラックバック一覧です: 「リリカル・ミステリー 春待ちの姫君たち」:

« 「アカイイト」のエイプリルフールネタ復活 | トップページ | 今週買った物など+検索順位 »