2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 「KURAU Phantom Memory」 | トップページ | 「ロマンスの温度差」 »

2006.01.26

「Cotton」

紺野キタ・作、ポプラ社・刊

2003年10月に刊行された短編集です。
長いこと入手していなかったことを思いしだし、
急いで買いに行った本作です(汗)

読後の第一印象は・・・恋愛ものではありません。
でも、この感情は「百合」??

女子高生がOLになつく話です・・・と言ったら身も
蓋もないですが、大まかにはそういうことになります。

二人はある日、突然に出会います。OL・菜月は普通の
OL。結婚適齢期(?)にさしかかるお年頃(でも24歳)。
女子高生・理子は他人に対して気むずかしい所がある娘。

そんな理子がなぜか菜月にだけなつきます。
(え?・・・ダジャレじゃないですよ!!)

一見リアルな展開ですが、結婚を急かされるような
年頃の仕事を持った女性が、女子高生と知り合うことは、
ネットを通してなら可能かもしれませんが、実際には
かなりまれな出来事だと思います。

そういう意味で一種のファンタジーと言えるかもしれ
ません。・・・紺野キタ氏の絵がそういう風に思わせる
のかもしれませんが(汗)

菜月は自分より若い娘とのつきあいに、とまどったり
時に衝突したりしながら、やがて本心から理子を思い
やるようになります。

この作品での、菜月の気持ちの高ぶりは、「百合」の
それとダブって思えます。たしかに恋愛感情をである
という意味合いは感じませんが、大人の女性から見て、
等身大の「百合」
と言えるかもしれません。

「百合」というと(若い)女の子の恋愛感情である
という意味合いが大きいのは事実です。しかし本当に
キャラクターが大人だったり、恋愛感情ではない局面は
「百合」として成り得ないのか、という問題提起
しても面白い作品だと思います。

さすが、紺野キタ氏は良いところを衝いているなあ、
と感心しました。

おすすめ度は・・・
■■■■■■■□□□
としておきます。

これからはこういう作品の方が希少価値が出てくると
思います。

« 「KURAU Phantom Memory」 | トップページ | 「ロマンスの温度差」 »

コメント

紺野氏の作品は全体的に良いですよね。
ただ、最後の最後で音をたてて潰れる、というか……ね。
ところで未読で申し訳ないのですが、マガジンの『かっちぇる♪』という漫画がなかなか良さそうな感じです。女子バレー部の友情物みたいな感じですが。
そのうち読んで確かめてみますが、とりあえず報告を。

コメントありがとうございます。

>ただ、最後の最後で音をたてて潰れる、というか……ね。

確かにそういうところありますね。
個人的には「音はたたない程度」だと感じていますが、
あの絵が絵ですから、大きな期待を持ってしまうと、
「音」が聞こえるかもしれませんね(汗)

>マガジンの『かっちぇる♪』

情報ありがとうございます。
私もチェックしてみます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/8354004

この記事へのトラックバック一覧です: 「Cotton」:

« 「KURAU Phantom Memory」 | トップページ | 「ロマンスの温度差」 »