2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 雑誌「まんがタイムきららMAX」2006年1月号 | トップページ | 「かしまし~ガール・ミーツ・ガール~」第1話 »

2006.01.17

「舞-HiME」8

第8巻(21~23話)の感想です。

いよいよ大詰め。「百合」的にも見所が多い8巻

第一印象は・・・観ていて心理的に揺さぶられます。
ある意味トラウマになりそう(汗)でも・・・

さて、話は黒曜の君が覚醒する所から、静留キレる
などなど、いろいろな事が発生する展開です。
とにかく、広い引き出しから、いろんなものが
飛び出してきます。
鑑賞していて、やはりアニメは楽しいなあ・・・
と感じました。

もちろん、話の内容は重いのですが、展開の
バラエティーさは非常に面白かったです。

前の巻まで、周りに振り回されるだけの舞衣が
悪に目覚めた?とはいえ、一方向に邁進するという
のは、やっと主人公らしくなってきた、という気が
します。

「百合」としては・・・
母の秘密を知ってしまい、傷心のなつきを、静留が
かくまう・・・という展開ですね。
二人とも和服。しっとりとした雰囲気のまま、数日
の時間が流れる・・・という表現が良いですね。

ぶっちゃけ、艶っぽくてエロいのです(汗)
二人ともフェミニンな感じだし(汗)
ムラムラしますわ~(汗)

静留はこの期間、想いを高ぶらせていたのでしょうか。

ある事柄をきっかけに、キレてしまうのですが、
これがちょっと納得いかないのですよね。

静留の想いの深さの表現は良いと思うし、キレた事
自体はそれほど納得できないわけではないのですが、
キラすにもそれなりの準備が必要なのではないか
と思うのです。

だって、なつきに想いを知られたとはいえ、決定的に
二人の関係が破綻したのでもないのに。ですよ。

作品の大部分、静留を謎の多いキャラクターとして
描いていた関係上、説得力のある性格描写が十分に
出来ていなかったと言うことかもしれません。

最初から、静留は腹黒かったのかもしれませんが
それだったら、キレるより野望を燃やして、残りの
HiMEを殺ってやる、という演出の方が、個人的には
納得できるような気がします。

ただ、少々納得できないながらも、このシーンの
展開はかなりガツーンとキました~!
「同じ穴のムジナ」瞬殺するのですから。
こんなに「百合」的に動揺させられたアニメは、実に
久しぶりです。「少女革命ウテナ」以来かもしれません。

そういう経験をさせてくれただけで、この作品を
鑑賞して良かったなあと感じています。

それにしても、かわいそうなのは雪之。
「百合」も強くないと生き残れないのね・・・。

おすすめ度は、
■■■■■■■■■□
です。「百合」好きなら鑑賞する価値はあります。

以前の感想はこちら。
「舞-HiME」1
「舞-HiME」2
「舞-HiME」3
「舞-HiME」4,5
「舞-HiME」6,7

« 雑誌「まんがタイムきららMAX」2006年1月号 | トップページ | 「かしまし~ガール・ミーツ・ガール~」第1話 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/8210424

この記事へのトラックバック一覧です: 「舞-HiME」8:

» 〜第23話『愛情と友情、非情』にみる、静留となつき〜 [静かなる、なつかしき想い。]
胃痛MAX。 ●遥と雪之、静留となつき● 「やめろ! 静留っ!!」 「!!?」 「なつき…! あんた…今の聞いて…!?」 静留の取り乱した表情からも分かるように、かなり動揺しています。だって一番バレたくないヒトに、一番嫌なカタチでバレてしまったんですから。 「…」 「なつ…き…」 それでも、まだ自分のことを受け入れてくれるだろうか? と、試すように恐る恐るなつきに触れようとする静留。しかし、なつきの頬に触れた瞬間、 「いやぁっ!!」 激しく拒絶されます。本気で... [続きを読む]

« 雑誌「まんがタイムきららMAX」2006年1月号 | トップページ | 「かしまし~ガール・ミーツ・ガール~」第1話 »