2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 今週買った物など+検索順位 | トップページ | 「クラウ ファントムメモリー」2 »

2006.01.29

「舞-HiME FIRST ATTACK!」

ブロッコリー・刊です。

さて、本編を鑑賞し終えたので、やっとアンソロ
コミックも解禁です。
・・・と言いつつ、一迅社のものは感想を書いて
いたりしますが(汗)

本日はブロッコリー版のコミックアンソロジー
「FIRST ATTACK!」の感想です。

えーと、例によって「百合」度が高い作品だけ
ピックアップします。

「すごいね遥ちゃん」渡瀬・作
遥と雪乃の絆を描いた作品です。遥は本編では
23話で退場となるわけですが、チャイルドに素手で
立ち向かうなど、格好良いところを見せてくれ
ましたね。この作品はその辺りを思い入れタップり
に描いています。
静留が遥と雪乃をくっつけるために黒幕になる
というのも良いですね。

「ある日の午後」あさき・作
なるき&静留の黄金コンビにスポットを当てた
作品です。二人の会話劇という感じなのですが、
静留の決意の強さを表現しています。
本編で静留が「切れ」た内情を解釈したような
作品です。
なるき&静留への思い入れを感じますし、なかなか
の傑作だと思います。

・・・というわけでこの2編のみです。

しかし、なるき&静留LOVE要素がある作品は
「HiME決定戦☆」山鳥おふう・作
「さけさけなつき」酒菜屋なかさ・作
「頑張れ男の子」上田リエコ・作
「行け!?ファミレス戦隊!!」あさのゆきの・作
4作もあります。このカップリングの
人気の高さがうかがえます。

おすすめ度は、
■■■■■■□□□□
というところかな。

それほど平均的な「百合」度は高くないですが、
「ある日の午後」だけなら
■■■■■■■■□□
はつけたいです。

「舞-HiME」のアンソロジー系の感想はこちら。
「舞-HiME コミックアンソロジー」

« 今週買った物など+検索順位 | トップページ | 「クラウ ファントムメモリー」2 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/8406573

この記事へのトラックバック一覧です: 「舞-HiME FIRST ATTACK!」:

« 今週買った物など+検索順位 | トップページ | 「クラウ ファントムメモリー」2 »