2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 「かしまし~ガール・ミーツ・ガール~」第1話 | トップページ | 「コミック百合姫」VOL.2 (後編) »

2006.01.19

「コミック百合姫」VOL.2 (前編)

一迅社・刊です。

VOL.3はもう発売されてしまいましたが・・・
VOL.2の感想です(汗)

えーと表紙は・・・二人で手を組んでますよね。
おイモは二人で挟んでいる??一見リリカルな
絵ですが、ちょっと不思議です(汗)

綴じ込みは、峰倉かずや氏。さすがこのお方。男顔
二人ですね(汗)なんだか(エロマンガ家)SABE氏の
昔の作品のような雰囲気です。
でも、こういうキャラで真面目な「百合」話も良い
なあという気もします。

「First Kiss」蔵王大志・作画、影木栄貴・原作
オトナの雰囲気です。ビアン風作品です。
結婚迫られているけれど、諦めきれない想いがある
というのは、ビアンものの永遠のテーマですね。
それだけでは、良くあるのですが、オトナっぽい
キャラクターとほんの少し「百合」の雰囲気を
残しているというバランスは目新しいと思います。

「少女美学-彼女の決意表明-」CHI-RAN・作
どうせなら「彼女のマニフェスト」にすればいい
のに(汗)でも、総理大臣になって日本をレズビアン
天国にする、という野望は良いですね!
こういうキャラクター好きです。
あと、おとなしそうな眼鏡ッ娘が、女の子の下着
姿にムラムラというのも良いな~。私はこういう
のにエロチシズムを感じます。
ハッピーなラストも良いですね。

「百合の花粉は落ちにくい」
三浦しをん氏のコラムです。今回は、あの「おにい
さまへ…」
。確かに甘い「百合」ではないので、
最近の「百合」に慣れた方のお口には合わない
可能性もありますが、名作であることには変わり
ないですね。

「ことのはの巫女とことだまの魔女と」藤枝雅・作
今回はシリアス。でも、藤枝雅氏ってシリアスを
すると力みすぎ、と感じるのは私だけでしょうか。
作者の気持ちはとても伝わってくるのですが、表現
が追いついていないといいますか。
でも、藤枝雅氏のしつこい位のツーショット描写
は大好きです。甘やかな雰囲気が良いですよね。

「タイガーリリー」タカハシマコ・作
おお!実験的な手法の作品ですね。
想いがある限り、若いままでいられるという示唆が
とても良いと思います。
決してハッピーエンドではないですが、こういう
ギミックを凝らした作品は大好きですよ。
「百合」と言ってもある種の形に収束するだけでは
新しい展開は望めないと思いますし。

「南波と海鈴」南方純・作
あ、あれ?これって「百合」?(汗)
普通の雑誌に掲載されていたら、「百合」だと思う
のですが、「百合姫」だから「百合」っぽく感じ
ませんでした(汗)まあ、可愛いキャラクターだし
次に期待。

「くすりゆびにキスしたら」森永みるく・作
はあ・・・堪能しました(溜息)
ああ、なんて甘やかで切ないの~!!
ちょっぴりセクシャルなのもドキドキさせますね。
二人の「親密な関係」の雰囲気が実に良く表現
されていて、可愛い絵柄なのに、リアルに感じる
ことができました。
それにしても、森永みるく氏の作品って本当に
良いです~、転げ回りそうです(汗)
ここまで破壊力のある作品は「百合」アンソロ
といえど、そう多くはないでしょう。

「ストロベリーシェイクSweet」林家志弦・作
相変わらず樹理亜の妄想&もだえっぷりがおかしい
ですね。考えてみたら、樹理亜って少年マンガの
ラブコメの主人公という感じもしますが、落ち込み
っぷりは「百合」のそれだと思います。
ところで、蘭が自立に動き始め、蘭を目の敵のする
ライバル(?)も現れ、次回は新展開ですね。
この作品もドラマCDにならないかなあ。

・・・と長くなってしまいましたが、前半はこの辺で(汗)

« 「かしまし~ガール・ミーツ・ガール~」第1話 | トップページ | 「コミック百合姫」VOL.2 (後編) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/8239176

この記事へのトラックバック一覧です: 「コミック百合姫」VOL.2 (前編):

« 「かしまし~ガール・ミーツ・ガール~」第1話 | トップページ | 「コミック百合姫」VOL.2 (後編) »