2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 「歌姫-ロジエル- 虹色の楽譜」 | トップページ | 「舞-HiME」Side-B 愛と死の輪舞 »

2006.02.22

「PEACH-PIT初期作品集 もものたね」

PEACH-PIT・作、メディアワークス・刊

この単行本の感想を忘れていたので書いておきます。

PEACH-PITといえば、「ローゼンメイデン」の方が
有名だそうですが、私は「ローゼンメイデン」は全く
知りません(汗)
(アニメ版は一部「百合」要素ありということを小耳に
はさんではいますが)

この単行本を買ってから、あ、あの作家かとようやく
思い出したのですが、思い出した作品が「DearS」(汗)
あわわ、地雷だったか、と思いつつ、おそるおそる
読んでみました。

まあ、結果的には2本ある作品の内、「みずたま」
微「百合」要素あり。「Prism Palette」地雷でした。

なので今回は「みずたま」の感想のみ書きます。

この作品は女子水球部が舞台。
主人公・鈴雫(りんだ)はカナヅチ。そこで、高校入学と
同時に水泳部に入部するつもりでしたが・・・ふとした
ことで水球部にスカウトされ・・・
という話。

女子校スポーツ部なら、熱い友情で「百合」も・・・と
期待したいところですが、この作品コメディなので、
水球シーンは1度もありません(汗)

南国でアイスホッケーするのと同じです(汗)

ただ、鈴雫の先輩・イチ子は「百合」的に良い感じの
キャラで、鈴雫も一目惚れ(?)というようなシーンも
あります。

イチ子はボーイッシュなので、舞台が共学か女子校かで
大きく意味が異なりますが、結局どちらだか最後まで
判りません。

でも女子校です。私が言うのだから、間違いはありません!

でもこの作品、たった2話なのです。
もう少し続いていたら、「百合」要素の拡大も予想された
だけに、残念です。

PEACH-PITって「DearS」のせいでヘテロ色が強い作家と
いうイメージですが、こういうのも描けるということは、
「百合」もやってくれる、ことも、ある、かも、と思い
ました。(歯切れが悪いですが)

おすすめ度は・・・
■■■□□□□□□□
としておきます。

« 「歌姫-ロジエル- 虹色の楽譜」 | トップページ | 「舞-HiME」Side-B 愛と死の輪舞 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/8791547

この記事へのトラックバック一覧です: 「PEACH-PIT初期作品集 もものたね」:

« 「歌姫-ロジエル- 虹色の楽譜」 | トップページ | 「舞-HiME」Side-B 愛と死の輪舞 »