2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 「まるくすタン~学園の階級闘争~」 | トップページ | 「アイドルマスター」1 やすらぎの旋律 »

2006.03.08

「断罪者 TETRAGRAMMATON LABYRINTH」2

いとうえい・作、ワニブックス・刊

中世から近代化に突き進むヨーロッパを舞台にした
スプラッターありの妖魔(?)ハンター物2巻です。
アンジェラとメグの行く先に待っている物とは?

読後の第一印象は・・・スプラッターにはかなり
慣れました。そして、バディ物として良い感じになって
きていると思います。しかし、最後の展開は「百合」と
して福となるか凶となるか・・・

この作品って、スプラッター要素を除けば、良作の
少年マンガ
という感じがします。熱いし、ノリが良い
し適度にファンタジーだし。

「COMIC GUM」というとどちらかと言えば、青年向け
ですが、こういう作品が出てくるのは、やはり
「鋼の錬金術師」の成功にならって、と言えるかも
しれませんね。

「百合」的には前回に引き続いて、バディ物として
良い線いっていると思います。出血描写が多いせいか、
通常のバディ物より幾分ウエットな感じがして、その
影響で「百合」的にもよく見えるのかもしれません。

今回は前回以上に、二人が互いに想っているという
描写が盛り込まれ、「百合」的に期待させてくれます。

しかし・・・

この2巻の最後で、ついにアンジェラの過去が明らかに
なります。

果たして、血がつながっているのか、エス関係なのか
で「百合」としては大きく評価が分かれるところです。

おすすめ度は・・・
■■■■■■■□□□
とします。

相変わらずスプラッターですが、「百合」としては良い感じ
になってきていると思います。アンジェラとメグの過去の
話が描かれるであろう、3巻に期待したいです。

このシリーズの感想はこちら。
「断罪者 TETRAGRAMMATON LABYRINTH」1

« 「まるくすタン~学園の階級闘争~」 | トップページ | 「アイドルマスター」1 やすらぎの旋律 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/9006672

この記事へのトラックバック一覧です: 「断罪者 TETRAGRAMMATON LABYRINTH」2:

« 「まるくすタン~学園の階級闘争~」 | トップページ | 「アイドルマスター」1 やすらぎの旋律 »