2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 「苺ましまろ」Vol.3,4 | トップページ | 「マリア様がみてる」超豪華本発売決定! »

2006.03.31

「かしまし~ガール・ミーツ・ガール~」

駒尾真子・著、電撃文庫・刊

さて、アニメ版は最終回を迎えたようですが、
今回はノベライズの感想です・・・

読後の第一印象は・・・やはり、駒尾氏にこの
作品のノベライズはもったいないですね(汗)

この作品の本質はトランスセクシャル(以下TS)です。
男の子が女の子になって、初めて三角関係が動き
だし、成立する。という展開は、男性向け作品
としては新鮮だったと思います。

しかし、あくまでTSもの。「百合」とは似て非なる
もの。
そのなかで、「百合」に成り得る要素を
発見できるかがこの作品の鑑賞のポイントだと
言えるでしょう。

結果としては、TSものとしては非常にポイントを
押さえていると思います。心理描写や、女の子に
なったはずむの描写は秀逸です。

意外とTSものが好きな男性は多いと思いますが
こういう心理描写中心の作品は新鮮に映るのでは
ないでしょうか。

・・・でも、結局はオトコノコ向け

はずむを二人の女の子が好きになるには、この
設定や展開は不自然すぎます。こういう不自然さは
イカニモ、オトコノコ向けラブコメの王道ですよね。

駒尾氏はあくまでラブコメにせず、最後まで丹念な
描写をしているのですが、それ故に、ラストになる
ほど、違和感に襲われます。

はずむの優柔不断さと、繊細な心理描写が遊離して
いるように感じられました。

ただ、中盤は良いところもあります。
やす菜は原作と同様に、特異体質なのですが、
幾分薄めに表現されていましたし、我の強さ
描写は、実は結構私好みでした。

ということで、おすすめ度は
■■■■■■■□□□
とします。

「百合」的には、大きな評価は出来ませんが、
駒尾氏の巧さを感じられたので、良しとします。
後は「百合」作品を書いてくれたら!!

« 「苺ましまろ」Vol.3,4 | トップページ | 「マリア様がみてる」超豪華本発売決定! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/9364237

この記事へのトラックバック一覧です: 「かしまし~ガール・ミーツ・ガール~」:

« 「苺ましまろ」Vol.3,4 | トップページ | 「マリア様がみてる」超豪華本発売決定! »