2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 「舞-HiME Step:0 なつきのプレリュード」 | トップページ | 「ホーンテッド!3 ラッシュ・アンド・ラッシュ」 »

2006.04.05

「龍園~ドラゴンズヘブン~」1,2巻

深見真・脚本、笠原夕生・漫画、SQUARE ENIXヤングガンガンコミックス・刊

雑誌掲載時に各話の感想を書いていたのですが、
コミックスが出たので、まとめて感想を書きます。

この作品は東京の繁華街を舞台に、悪党を狩る存在、
ドラゴンズヘブンの活躍を描く内容です。
かなり暴力的なので、その点で読む人を選ぶ作品
ですが、深見真氏の作品らしく、全く救いのない
暴力ものでもありません。

そして、もちろん私としては「百合」を期待しつつ
鑑賞しているわけですが・・・果たして。

読後の第一印象は・・・第二シリーズから雑誌で
読んでいたときより、通して読んだ方が、漫画として
は面白く感じました。

1巻の方が、漫画としては判りやすくて面白かった
です。2巻はキャラクターの掘り下げをしている点は
良いけれど、最初のシリーズのようなキレの良さ
低下した印象です。
しかし、キャラクターの掘り下げはかなり成功して
いて、続けて読みたいという気にさせてくれます。

このあたり、深見真氏の巧さと言えるでしょう。

肝心な「百合」としては・・・
百合的な芽は、まだほとんど出ていないといっても
過言ではないレベルです。深見作品ではあまりない、
男に助けられるヒロインという、マイナス面も目立
ちます。

しかし、女性キャラの内面の描き方や、男性キャラは
存在は大きいけど、微妙に影が薄い感じは、やはり
深見作品だと感じます。

また、キリンの師匠や、ドラゴンズヘブンの社長と
いった、強そうな女性キャラの存在は、深見氏の
嗜好を考えると、「百合を期待させる要素」といえ
なくもないと思います。

実は2巻までには上記の2人の女性キャラはほとんど
出てきません。「百合」的な見所はこの二人が出て
きたあたりから・・・という予想をしています。

普通はよく「原作者次第」と書くのだけど、今回は
編集者次第ということかもしれないですね。

おすすめ度は、とりあえず
■■■■□□□□□□
とします。

素直に3巻に期待です。

実は現在、掲載誌「ヤングガンガン」を買っていない
のです。しかし、今は買うべきだったと後悔してい
ます。(「百合」的にはこれからという感じだし)
でも、シリーズの途中からだとついていけなさそう
ですし。。。難しいところです。

« 「舞-HiME Step:0 なつきのプレリュード」 | トップページ | 「ホーンテッド!3 ラッシュ・アンド・ラッシュ」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/9449349

この記事へのトラックバック一覧です: 「龍園~ドラゴンズヘブン~」1,2巻:

« 「舞-HiME Step:0 なつきのプレリュード」 | トップページ | 「ホーンテッド!3 ラッシュ・アンド・ラッシュ」 »