2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 「貧乏姉妹物語」2 | トップページ | 「コミック百合姫」VOL.3 (前編) »

2006.05.17

「深爪」(2000)

中山可穂・著、朝日新聞社・刊

本来「感情教育」の順番なのですが、「感情教育」
は評判が良いので、あえて後回しにします(汗)

本日はこの作品。この作品も一時「百合」系サイト
で話題になっていたことを覚えています。

読後の第一印象は・・・正しい不倫小説だと思いま
した。「百合」的には微妙ですが文学性は高い作品
です。しかし、純文学のように堅いだけでもない
ところが良いですね。

お話は・・・キヨシと吹雪は夫婦だった。
しかし吹雪はなつめと不倫関係になる。なつめと
吹雪は相性は良かったが、家族の枠を越えることが
できず破綻してしまう・・・
しかし、その直後、吹雪は別の女性と熱愛に・・・
という展開で、なつめ、吹雪、キヨシの3人の視点で
話が進みます。

それぞれの欲望がほとばしる、いかにも不倫もの
と言う感じです。しかし、熱い反面、レズビアンと
子供。そして、家族。女に妻を寝取られた夫の境遇を、
冷静なタッチで描写しています。

そういう冷静さに文学性を感じますね。

また、単に冷たくはなく、ところどころユニークな
部分もあるし、読んでいてイヤな気分にはならない
工夫がしてあると思います。

で、吹雪を寝取った笙子のオトコマエなこと!!
カッコイイ~の。これが。
私も吹雪の立場だったら、笙子に走りますよ!!(汗)

# ガテン系ビアンはライトノベルでも探すのが難しい
# というキャラクターですよね。
# 文学作品でお目にかかるとは・・・

一方、夫・キヨシの負けっぷりが悲惨で、涙を誘い
ます(汗)

「百合」作品でも女の子に想い人(♀)をとられる
男性キャラっているのですが、キヨシに比べたら
まだ救われていますよ(汗)

まあ、「百合」的におすすめ、と言うには抵抗が
ありますが、ビアン不倫を扱った作品で、希少性
はあります。「百合」は甘過ぎ。もっと本格的な
作品が読みたいと思う貴姉は是非どうぞ。

おすすめ度は
■■■■■■■□□□
とします。

中山可穂作品の感想はこちら。
「サグラダ・ファミリア[聖家族]」(1998)

« 「貧乏姉妹物語」2 | トップページ | 「コミック百合姫」VOL.3 (前編) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/10117754

この記事へのトラックバック一覧です: 「深爪」(2000):

« 「貧乏姉妹物語」2 | トップページ | 「コミック百合姫」VOL.3 (前編) »