2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 「ふるーつメイド」1 | トップページ | 「ぱにぽにだっしゅ!!」4,5 »

2006.05.10

「ホーンテッド!4 エンドレスラビリンス」

平坂読・著、MF文庫J・刊

読後の第一印象は・・・最後は「セカイ系」
きましたか・・・。
この作品はいろいろな意味で楽しめた作品なので、
これで終わりというのは名残惜しいですね。

今回は推理モノ
学園祭の劇に借り出されることになった、主人公・
久遠悠紀たち。しかし、準備の最中、殺人事件が発生。
犯人はいったい?
そして、悠紀と彼女の恋人・深春の秘められた過去
明らかになる、というお話です。

今回は、かななか深いです。
「普通に生きたい」と望むキャラクターってアニメ
なんかでは意外と多いと思うのですが、そういう心理
に深く切り込んだ内容だと言えます。
(納得できるかどうかは読者次第ですが)

そのなかで、悠紀にとって深春とはどういう存在かが
語られます・・・

ですが、「百合」作品の締めとしては、なにかが物足り
ない
と感じました。

3巻の感想にも書いたのですが、この作品は「百合」
を売るにはバラエティー過ぎると思うのです。
そのバラエティーの要素は、それぞれ巧くできている
と思うのですが、それ故に「百合」のコアが揺らいで
いる
印象なのです。

これはこの作品が悪いのか、「百合」というジャンル
が独特だからか、「百合」ファンとしての私が特殊
なのか、判断できません。

「百合」のコアを安定させるためには・・・

深春が他の娘に手が早い、という設定はよいとして、
それへのフォローが欲しかったです。
今回の話で悠紀と深春の、数奇な関係が明かされ、
二人の絆の深さを「設定」として知ることができた
のですが、個人的には、深春が何を考えているかを
具体的に示して欲しかったです。

それさえあれば、完璧でした。

・・・深春はすでにゴーストなので、敢えて語ら
なかったとも考えられますが・・・
とすると、「百合」として最大の悲劇1巻の冒頭に
発生していた、ということになるのでしょうね。

しかし、最後まで悠紀と深春の関係は揺らがないし、
一応ハッピーエンドにはなっていますので、
おすすめ度は・・・
■■■■■■■■□□
とします。限りなく9に近い8です。

このシリーズのライトノベルとしての面白さは、
充分に9はあると思います。

平坂読氏は間違いなく「百合」好きだと思います。
次回作(もう出ていますが)に期待!!

このシリーズの感想はこちら。
「ホーンテッド!」
「ホーンテッド!2 コトコトクライシス」
「ホーンテッド!3 ラッシュ・アンド・ラッシュ」

« 「ふるーつメイド」1 | トップページ | 「ぱにぽにだっしゅ!!」4,5 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/10010552

この記事へのトラックバック一覧です: 「ホーンテッド!4 エンドレスラビリンス」:

« 「ふるーつメイド」1 | トップページ | 「ぱにぽにだっしゅ!!」4,5 »