2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 今週買った物など+検索順位 | トップページ | 「月の夜にアイまSHOW! Live in Drama Theater Vol.2 "アルトの声の少女"」 »

2006.05.07

「ヤングガン・カルナバル 銃と恋人といま生きている実感」

深見真・著、徳間書店Edge・刊

ヤングガン(殺し屋)の少年と少女の青春を描く、
アクションバイオレンスノベル。シリーズ3作目です。

読後の第一印象は・・・この作品、だんだん丸く
なっている印象
です。アクションでバイオレンスな
描写は現在も健在なのですが、それほどエスカレート
していないので慣れて来ているのかもしれません。
個人的には、塵八と弓華の青春ものという明確な
方向性が出てきているので、変にエスカレートする
よりこの方が好感が持てました。

ハードボイルド調の短く、歯切れの良いセンテンスが
連なっていて、テンポはかなり良いですね。
そういうのも「丸くなった」と感じる要因かもしれま
せん。

さて、肝心な「百合」的には・・・
前回のラストで、弓華の(嫌われる目的の)告白を受け
入れた香埜子。

香埜子は2巻までツンツンキャラだったのですが、
今回は弓華とのデートシーンなどで、可愛いところ
をみせてくれます。(ツン→デレです)

しかし予想通り、危険に巻き込まれます(泣)
でも、危険にさらされても弓華一途なのです。
これが!!(嬉泣)

過去の深見作品に於いては、強い女性キャラが好きな
女性キャラは、描写が薄い印象だったのですが香埜子
は、それなりの厚みを持っていると感じました。

でも、弓華がラブだった、伶は??
と思っていると・・・ラストに・・・

こ、この展開は・・・!!

いやー、この展開は最初から考えられていたので
しょうか。ちょっと気になりますね(汗)

「百合」的には、こういう波乱の展開って意外と
少ないので、これはこれで楽しめました。

やってくれますね。深見氏!

作品を通して、弓華の恋愛模様や、自分の将来のことを
考える塵八の描写が「青春群像」して
いるのです。

個人的には、「青春群像」アクションバイオレンス
が両立するのは、難しいと思いますが、今のところ、
微妙なバランスで両立していると思います。

でも、ちょっとした力加減で、くずれてしまいそうな
危うさも感じます。

「百合」としても次が気になりますが、この作品の
危ういバランスがどうなるのかも、気になります。

おすすめ度は・・・
■■■■■■■■□□
とします。

このシリーズの感想はこちら、
「ヤングガン・カルナバル」
「ヤングガン・カルナバル バウンド・トゥ・バイオレンス」

« 今週買った物など+検索順位 | トップページ | 「月の夜にアイまSHOW! Live in Drama Theater Vol.2 "アルトの声の少女"」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/9952438

この記事へのトラックバック一覧です: 「ヤングガン・カルナバル 銃と恋人といま生きている実感」:

« 今週買った物など+検索順位 | トップページ | 「月の夜にアイまSHOW! Live in Drama Theater Vol.2 "アルトの声の少女"」 »