2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 「ぱにぽにだっしゅ!!」6,7 | トップページ | 「魔法のじゅもん」1 »

2006.06.14

「天槍の下のバシレイス」1 まれびとの棺<上>

伊都工平・著、電撃文庫・刊

「百合」要素アリ、と小耳にはさんだので買ってみた
本作です。なにぶん2年前の作品であり、続刊もして
なさそうなので、優先度を上げて読んでみました。

読後の第一印象は・・・実はあまり期待していなかった
のですが、まあ、想定の範囲内でした(汗)
でも微々たる「百合」要素ですが、そこから感じる
「百合」の雰囲気は悪くはないです。

さて、お話は・・・人類が「剛粧」という謎のクリー
チャーによって脅かされている近未来が舞台です。
主人公・川中島敦樹(♀)は仲間達と「剛粧」に
立ち向かいます。そんな彼女らの日常と戦いを描いた
作品です。

最初、「トップをねらえ」「EGコンバット」
ようなSF軍事ものだと思っていたのですが、実の
ところ「ガンパレードマーチ」の方に近い印象です。

実際、商店街で武器の調整が出来たり、ゲームを
意識したような設定も見受けられます。

恐らく「ガンパレ」にインスパイアされた部分は
多いのではないでしょうか。

しかし、日常の描写がそれなりにリアルに描けて
いますし、東西に分断された日本の政治体制が
西と東で異なる様相を呈している、というような
日本的SF的な設定の面白さもあります。

そうそう、武器が大型刀、大型ハンマー、多脚砲台
というのもライトノベルらしい浪漫があって、
そういうのも良いと思います。

さてさて、肝心な「百合」としては・・・
主人公・敦樹と同僚、四方佐里の関係が良いです。

明かな「百合」というわけではないのですが、佐里
から漂ってくる微弱な「百合」電磁波が良い具合に
「百合」脳をほぐしてくれる印象です(汗)

敦樹も佐里のことを、友達以上と感じている節が
あります。なんというか、この2人は「しっとり
した関係」
なのです。

じゃれ合ったりしないですが、アイコンタクトする
ような、陰に頼り合っているような、そういう
雰囲気が良いのです。

ということで、おすすめ度は
■■■■■■□□□□
とします。

良い感じなので、今後に期待したいのですが、次の
巻でオシマイです。それが最初から判っているのが
残念ですね。

« 「ぱにぽにだっしゅ!!」6,7 | トップページ | 「魔法のじゅもん」1 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/10527807

この記事へのトラックバック一覧です: 「天槍の下のバシレイス」1 まれびとの棺<上>:

« 「ぱにぽにだっしゅ!!」6,7 | トップページ | 「魔法のじゅもん」1 »