2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 「あぶない学園 大さわぎ」 | トップページ | 「ソラにウサギがのぼるころ」 »

2006.06.20

「魔法少女リリカルなのはA's」Vol.1

攻撃的な魔法少女が大活躍するアニメ。
新シリーズ開始です。まずは1巻(1~3話)の感想です。

鑑賞後の第一印象は・・・前シリーズにも増して、
戦う魔法少女になっていますね(汗)でも、ポイントは
「リリカル」分の行方でした。

前シリーズはあまり乗り気でなさげな「リリカル」分と
生真面目なくせに、やたらと好戦的なロリ少女主人公
という、妙にアンバランスな作品という印象でしたが、
今回は最初から「ドラゴンボール」のような、判りやすい
少年漫画的なアクションモノ
になっています。

ただ、この方向性は個人的には「アリ」だと思います。

あまり有効だと思えない心理描写や演出より、作品と
しての一貫性
の方が重要だと思うからです。

もちろん、それだけでは「百合こころ」で紹介する作品
ではありません。

ポイントはやはり「リリカル」分

最初に指摘した、この作品の「リリカル」分は、なのは
とフェイトの関係だけに絞り込まれた印象です。
(ひょっとすると敵キャラも?)
このことは「百合」的には歓迎すべきだと思います。

なのは、フェイトとも妙に生真面目な小学生なので、
二人っきりになっても、キャピキャピなんてしません!
(キャピキャピは死語か?!)
ダンマリになって見つめ合ったり、なんだか妖しい
雰囲気を醸し出すのです!!(汗)

まあ、そのこと自体は、決して自然ではないのですが、
「百合」的には許せます(汗)

あと、今回は最初からなのは達より強力な敵が登場。
こういう展開はアクション物としてはオーソドックス
なのですが、実績がある手法なので、安心感が
あります。

実際、アクションものと割り切った部分は、なかなか
楽しめました。

この戦いの中、なのはとフェイトがより親密になって
くれれば・・・という期待が出来そうです。

ということで、おすすめ度は、とりあえず
■■■■■■□□□□
としておきます。

そうそう、声優インタビューは聴き所ですよ。
フェイト役の水樹奈々さんは、なのはラブを前提
演技したそうですよ!
対して、なのは役の田村ゆかりさんは、なのはと
同じく、鈍感を決め込んでいましたが(汗)

« 「あぶない学園 大さわぎ」 | トップページ | 「ソラにウサギがのぼるころ」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/10612242

この記事へのトラックバック一覧です: 「魔法少女リリカルなのはA's」Vol.1:

« 「あぶない学園 大さわぎ」 | トップページ | 「ソラにウサギがのぼるころ」 »