2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« ドラマCD「マリア様がみてる いとしき歳月」 | トップページ | 「はやて×ブレード DRAMA CD」Vol.1 »

2006.07.25

「でびるbox あくまで姉妹!」

あおしかたかし・著、広井王子・原作、電撃文庫・刊

妹の名前はひかり。そして姉達の名前は(多いので略)。
極普通の七人は極普通に生まれてをして、極普通に
出会いました。でも唯一つ違っていたのは、姉達は
悪魔だったのです・・・というお話です。

第一印象は・・・こういう軽い(80年後半~90年代初期
風)アニメっぽいライトノベルなんて久しぶりに読み
ました(汗)
キャラクターのドット絵が付いているところなんて、
ある種の懐古趣味さえ感じます。
そして、「百合」的には・・・?

お話は・・・母を亡くし、天涯孤独になってしまった
少女ひかり。しかし、彼女の前に6人の姉が出現?!
7人で楽しい生活を送っていたが、ひかりが13歳に
なった日、六人とも悪魔であり、ひかりを守りたいと
申し出るのだった・・・

ま~なんと言いますが、ハーレムアニメの主人公を
をまんま女の子にしたような印象
はぬぐえない
ですね。

血のつながった姉妹設定と言い、内容の安直さと言い、
無意味なエロさと言い、陳腐な展開(汗)と言い。
口が肥えた「百合」好きには、正直言ってお勧めできる
作品ではありません・・・

ただし、良いところもあります。

姉が6人という設定は、いかにも狙ったものですが、
ひかりと次女・レイハの関係が一番ミャクあり(他の
5人と差を付けていると思われる)にしているところは、
少しは評価できると思います。

この点から、この作品は実はちゃんと「百合」を狙っ
ていると言えるのではないでしょうか。

「かしまし」あかほりさとる氏もそうですが、80年代
以降のアニメ・ゲーム業界をリード?している作家が今に
なって「百合」要素のある作品を送り出してきている、と
いう事実は素直に興味深いです。

また、この作品はメディア展開しているので、今後に
期待したいです。

おすすめ度は、期待度を込めて
■■■■■■■□□□
とします。

« ドラマCD「マリア様がみてる いとしき歳月」 | トップページ | 「はやて×ブレード DRAMA CD」Vol.1 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/11098507

この記事へのトラックバック一覧です: 「でびるbox あくまで姉妹!」:

« ドラマCD「マリア様がみてる いとしき歳月」 | トップページ | 「はやて×ブレード DRAMA CD」Vol.1 »