2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 「滅びのマヤウェル この愛がナイフでも」 | トップページ | 今週買った物など+検索順位 »

2006.07.21

「Venus Versus Virus」2

鈴見敦・作、メディアワークス・刊

人間の魂を喰う「魔神」退治を生業にする2人の
少女のバディもの第2巻です。

読後の第一印象は・・・前回いとうえい氏の「断罪
者」
に近いという印象を持ったのですが、今回は前回
ほどではない印象です。
「百合」的には前回程度でしたが期待度は高くなった
ような・・・。

「百合」的には6話。スミレとルチアの距離感、と
いう話があって、直後スミレが魔神化。
こういう展開は「百合」的には悪くないですよね。
スミレの魔神化を止めるのはルチアしかいないわけ
ですし。

後半は、スミレの正体とは?そして、ルチアの過去
とは・・・という話が中心になります。

話がキャラクターの過去や設定に向かっている場合は
「百合」としても期待出来そうな雰囲気になります。

ルチアが意外と弱い一面を持っている、ということ
も判明し、それによってスミレとの距離が近くなる
期待もできます。

実は9話で、スミレが男を好きになるのですが、
これは心配ご無用。このパターンの場合、私の経験
則では「かませ犬」です(汗)

まあ、期待出来る要素は多いのですが、後は本当に
作者次第ですね。

「百合」の夢見せてください。

おすすめ度は、前回と同じ
■■■■□□□□□□
としておきます。

「Venus Versus Virus」1

« 「滅びのマヤウェル この愛がナイフでも」 | トップページ | 今週買った物など+検索順位 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/11049118

この記事へのトラックバック一覧です: 「Venus Versus Virus」2:

« 「滅びのマヤウェル この愛がナイフでも」 | トップページ | 今週買った物など+検索順位 »