2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 「コミック百合姫」VOL.4 (前編) | トップページ | 「魔法少女リリカルなのはA's」Vol.5 »

2006.07.18

「コミック百合姫」VOL.4 (後編)

では後編の感想です。

「森奈津子の百合道場」・作
今回は深刻なご相談もありますね。しかし、さすが
森奈津子氏。揺らがぬ信念という感じですね。

「百合×ユリ見聞録」森島明子・作
今回は、メイド喫茶など。作者の浮かれっぷりが
よいですね。

「月に願いを」森永みるく・作
うう~。相変わらず良いです~。
なんというか「百合」というある意味ファンタジーな
舞台が、等身大に感じるのです。「百合」好きにとって
憧れる世界にどっぷり浸かれる作品ですよね。
心がワキワキします~。ああ、なんて幸せな気分に
させてくれるのでしょう!!

「南波と海鈴」南方純・作
にわかに「百合」になってきていますね。この作品。
あと、キャラクターが急に増えそうですが、「百合」
としてどう扱うのでしょうか。

「いちじん新聞」・作
「私ラブ百合Tシャツ」がスゴイですね。これを着ら
れる人はいるのでしょうか(汗)

「Simoun」速瀬羽柴・漫画、創通映像・スタジオ
ディーン
・原作
2話です。判りにくい作品になっていますが、キャラ
クター間の愛憎劇になってきていますね。
考えてみたら「百合姫」は愛は多いですが、憎は少な
いので、こういう作品は却って新鮮に思えます。
しかし、ある程度SF色が強い作品なのですが、その
描写が薄いのは残念ですね。まあ、「百合姫」の読者
はしっかりしたSFは望んでいないと思いますが。

「voiceful」ナヲコ・作
最終回です。
同人ショップ、とらのあなの広告冊子で読んだのです
が、倉田英之氏がこの作品を大絶賛していましたね。
倉田英之氏がこの作品を取り上げた理由って、実は
メインキャラクターが眼鏡ッ娘だったからに違いない
と読んでいるのですが・・・(汗)
でも、眼鏡ッ娘を差し引いても、暖かみのある絵柄が
とても良いです。読んでいてホッとすると言うか。
主人公、かなえはちょっと引きこもりっぽいので、
感情移入するという人もいるかもしれませんね。
(決して甘いだけの作品ではないですが)

「SongSong浪漫」むっちりむうにい・作
誤解が嫉妬を生み、嫉妬が自分の本当の気持ちを知る
きっかけになる。王道ですね。でも、「百合」好きと
してこういう作品は、やはり嬉しいものです。

今回はこんな所でしょうか。

おすすめ度は・・・ハイ!
■■■■■■■■■■
です!

今回は「ことのはの巫女とことだまの魔女と」
「voiceful」が終了し、「ときめきもののけ女学園」
開始という、入れ替わりの展開です。

前回気になっていた「一迅社色」もまだ出てきていない
という感じですね。7/18に発売されるVOL.5では、どう
なるのでしょうか。

あと「ユリム童話」がなかったのは残念。個人的には
とても好きなのですが(汗)
小説や漫画の紹介もして欲しいなあ。

今回の、好みの作品を挙げると・・・
「ご主人様と一緒」「彼女になりたい!」「月に願いを」
かな(汗)
どれも甘くて軽いノリですが、最近の精神状態を
癒してくれました(汗)
重くて切ない作品も好きですが、今は甘口が心地
よいとかんじます。

「百合姫」の感想はこちら。
「コミック百合姫」VOL.1 (前編)「コミック百合姫」VOL.1 (後編)
「コミック百合姫」VOL.2 (前編)「コミック百合姫」VOL.2 (後編)
「コミック百合姫」VOL.3 (前編)「コミック百合姫」VOL.3 (後編)
「コミック百合姫」VOL.4 (後編)

« 「コミック百合姫」VOL.4 (前編) | トップページ | 「魔法少女リリカルなのはA's」Vol.5 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/11000420

この記事へのトラックバック一覧です: 「コミック百合姫」VOL.4 (後編):

« 「コミック百合姫」VOL.4 (前編) | トップページ | 「魔法少女リリカルなのはA's」Vol.5 »