2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« Webラジオ「マリア様がみてる」[第19回]『また会う日までごきげんよう』 | トップページ | 「コミックハイ!」2006年11月号 »

2006.11.27

「舞-乙HiME コミックアンソロジー」

一迅社・刊です。

アニメ本編を鑑賞し終えたので、こういう物件も
解禁です。まずは一迅社のアンソロです。
「舞-HiME」のアンソロってかなりの数あったの
ですが「舞-乙HiME」はこれとあと1つだけです。
ううむ。

例によって「百合」要素のある作品をピックアップ
いたします。

「鼻血を出してこそ愛の戦乙女」黒瀬浩介・作
シズルがナツキを襲うお話(汗)
ナツキはかなり嫌がっていますが、実のところ、
アニメ本編ではシズルとナツキの関係ってよく
判らなかったですよね。実際にはナツキはこれほど
嫌がらないのでは?と思いますが・・・

「激動のヴィントブルーム漫画」才田雅孝・作
SDキャラで夫婦漫才?をするシズルとナツキが良い
ですね。ボケシズルが可愛いです。

「汚れちまった悲しみに 超人ガッツでエアリーズ」内々欅・作
ユキノとハルカのお話。そういえばアニメ本編では
「舞-HiME」ほど「百合」を感じなかったこのカップ
リングですが、この作品ではほんの少し踏み込んだ
表現
をしています。こういうのが嬉しいですね。

「降臨ぶぶづけプリンセス」ささき雅・作
シズルが発情(!)して女の子にキスしまくるという
凄い内容(汗)シズルを止めるために一同が採った
策とは?!・・・まあ予想通りですが、楽しめました。

「ガルデローベ探偵団」上田夢人・作
ナツキの下着を盗もうとする賊の正体とは?!
これも予想通りですね(汗)

まあ、全体的にギャグがほとんどでした。
相変わらずヘンタイ道まっしぐらのシズル・・・(汗)

まあ、ギャグは良いのですが、1作くらいは、
この作家は何をトチ狂っているの?!というくらい
感情移入したシリアスな作品があっても良かった
のに・・・と思いますね。

正直言って「舞-乙HiME」はシズルとナツキの
カップリングも中途半端な描写しか出来ていなかっ
たので、アンソロくらい突っ込んだ表現をして
欲しかったな~と思います。

では、総評は二人が行います。

アレサ:私は1点。面白いネタもあったけど、
全体的に内容が薄いな。

ヒューシア:わたくしは3点。ハメをはずした
シズルちゃんの怖さが楽しかったわ。
でも、もっと「百合」っぽいのを希望するわ!

総評:●●●○○★☆☆

« Webラジオ「マリア様がみてる」[第19回]『また会う日までごきげんよう』 | トップページ | 「コミックハイ!」2006年11月号 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/12849138

この記事へのトラックバック一覧です: 「舞-乙HiME コミックアンソロジー」:

« Webラジオ「マリア様がみてる」[第19回]『また会う日までごきげんよう』 | トップページ | 「コミックハイ!」2006年11月号 »