2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 2006年「百合」10大ニュース & 作品・第5位 | トップページ | 2006年「百合」10大ニュース & 作品・第3位 »

2006.12.28

2006年「百合」10大ニュース & 作品・第4位

本日は私も仕事納めでした。
今年は仕事が少し忙しくなり、ネット上の活動に
力が入りませんでした。
そんな今年の反省を考える28日。4位です。

ニュース部門の第4位は・・・
Wikipediaで「ガールズラブ」記事充実
です。

ネット上ではWikipediaは数年前から知られた存在
でしたが、今年は普通に認知されるようになって
きたと思います。

その証拠と言うべきか、今年の「WEB of the YEAR」
年間総合大賞Wikipediaでした。
記事を探して、ついリンク先を読んでしまい、多く
の時間を使ってしまった方も多かったのではない
でしょうか。

そこで「ガールズラブ」です。
昨年まで「百合」という見出しだったのですが、
今年9月に「ガールズラブ」に改変されました。
これについては、いまだに疑問を感じますが、
異議は出ていないので、ある程度コンセンサス
が得られているのでしょう。

今年「ガールズラブ」の記事は大きく発展しまし
た。現在までに更新された回数はなんと217回
昨年は19回でした。

ちなみに2005年12月29日の記事はコレ
本日現在の記事はコレです。
比べると、かなり手が入っていることに気づくと
思います。

現在、ガールズラブ作品として挙げられている
作品の内容検証が行われています。
誰でも無料で閲覧できる場所に、「百合」作品
への正確なリンクが出来るのは本当に大きい
ですよね。

来年には良い「百合」ナビゲーターになると
思います。

# 実は、私も今年は数回更新しました。

作品部門の第4位は・・・
「XXくすくす」VOL.7
です。

8年前の同人誌をランクインさせました。
入手が難しい作品を出して、すみません。

「XXくすくす」は以前から名前だけは知って
いたのですが、入手する機会がありませんでした。
その当時は、ビアン系にあまり興味がなかった
のも入手しなかった要因だと思います。

今年、運良くVOL.67を入手出来ました。

VOL.6を読んでこんなものか、と思ったのですが
VOL.7を読んで目から鱗です。本当に高度な作品
が多くて、他のナンバーを入手していなかった
ことを悔やみました。

この同人誌は、ビアン系と「百合」が絶妙な
バランスで共存しているのが素晴らしいのです。
こういうバランスの作品集には、今までお目に
かかったことはありませんでした。

幸運にも近くの古本屋さんにあるというなら是非
どうぞ。ただし、甘いだけではないので、その点
はご注意を。

このシリーズの感想はこちら。
「XXくすくす」VOL.6
「XXくすくす」VOL.7(前編)
「XXくすくす」VOL.7(後編)

« 2006年「百合」10大ニュース & 作品・第5位 | トップページ | 2006年「百合」10大ニュース & 作品・第3位 »

コメント

こんなところで「XX」が取り上げられるとは思いもしませんでした。時代が変わったなと感じたり。
「XX」は編集も書き手もビアン中心でしたので、いまでいわれているところの百合を書いている意識はありませんでした。当時の現実も反映されていますので、甘い作品ばかりではないのです。

コメントありがとうございます。

私も8年前に「XX」を読んでいたら、こんなに
高評価は出来なかったかもしれません。

私は最近の「百合」や「ガールズラブ」の作品が
甘いものが主流になってきているのに少し危惧して
います。

飽きられないか、ネタが尽きないかと。

「XX」を読んで、そういう時に、ビアンものに立ち
返るのは重要だと感じました。
「XX」には「百合」のこれからの方向性のヒントが
あると思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/13242887

この記事へのトラックバック一覧です: 2006年「百合」10大ニュース & 作品・第4位:

« 2006年「百合」10大ニュース & 作品・第5位 | トップページ | 2006年「百合」10大ニュース & 作品・第3位 »