2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« ココログひどすぎる! | トップページ | 今週買った物など+検索順位 »

2006.12.08

「シャムロック『夕闇のイリュージョニストですぅ~』」

沢上水也・著、GA文庫・刊

このシリーズ3巻(らしい)です。扉イラストの
「この二人はどんな関係なのだろう?
……いわゆる「百合」?」

という本文の一説を読んで買ったのですが(汗)
果たして・・・

さて、お話は十六夜学院の警察同好会、通称
「シャムロック」の活躍を描く作品です。
今回は学祭にテロ予告が・・・シャムロックの
面々はこの事態をどう防ぐ?!というような
内容です。

読後の第一印象は・・・萌え空と萌え大地の
間を軽やかに飛翔している作品です(汗)
「百合」的には・・・実に微妙

最初から悪い情報ですが、この作品の主人公は
世界征服をたくらむマッドサイエンティストの
少年です。シャムロックという組織を立ち上げた
のもこの少年で、実動部隊は女の子達。
すなわち、ほとんどハーレムものなのです。

これだけで腰砕けですが、女の子達のコスチュー
ムはエプロンドレス(メイド服)。女の子達は
ロリ属性あり、オタク属性あり、委員長属性あり
ツンデレ属性あり・・・全くトホホな萌え設定。

まあ、不幸中の幸いと言えるか、主人公の少年の
影はかなり薄いです。女の子達も一人をのぞいて
恋愛感情はないし。
・・・でも、これくらいは普通の萌え作品と同じ
ですよね。要は形式上のハーレム状態であること
に間違いはないのです。

そう言った後で「百合」部分を紹介するのも気が
引けますが・・・

「百合」部分は、シャムロックの実動部隊の女の
子2人、委員長属性の中瀬古舞と、彼女を慕う藤堂
乱菊がそれです。

この二人は確かに、「良い関係」のようですが、
「百合」かどうかは不透明です。扉イラストの
文章はこの二人を言ったものなのですが、あの
文章の後、こう続くのです。
「……何か果てしない勘違いがあるようだが、
言わぬが花と言うものだ。」

ということは、扉イラストの本文は明らかに
ミスリードを誘うものですよね。なんだかなあ。

あと、作品の内容もいかにも萌えライトノベル
軽さと萌えキャラが好きな人にしかお勧めできない
タイプと言えます。
今更読むようなものじゃないな・・・という印象
でした。

では、久しぶりの二人の出番です。

ヒューシア:わたくしは1点だわ。舞ちゃんと乱菊
ちゃんの今後は気になるけれど、
せいぜい付属的「百合」にしかならないと思うわ。

アレサ:0点。正直に言って私の口には合わな
い作品だった。それだけ。

ヒューシア:そうそう、この作家、今月中に
「舞-乙HiME」のノベライズを出すの
ですって・・・(泣)

総評:●○○○○☆☆☆

« ココログひどすぎる! | トップページ | 今週買った物など+検索順位 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/12988115

この記事へのトラックバック一覧です: 「シャムロック『夕闇のイリュージョニストですぅ~』」:

» シャムロック「夕闇のイリュージョニスト ですぅ〜」 [ライトノベルっていいね]
シャムロック「夕闇のイリュージョニスト ですぅ〜」 著者 沢上水也 イラスト 西脇ゆぅり レーベル GA文庫  勢いはある。だけどいつもに増して作りが甘い。  人気blogランキングへ ← よろしくお... [続きを読む]

« ココログひどすぎる! | トップページ | 今週買った物など+検索順位 »