2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 今年の「百合」展望 | トップページ | 「砂沙美☆魔法少女クラブ」4,5 »

2007.01.03

「疾走する思春期のパラベラム」

深見真・著、ファミ通文庫・刊

今年最初のレビューは、深見真氏の久しぶりの
ライトノベル作品です。

主人公は佐々木一兎(♂)。何の取り柄もない
男子だが、映画部に入部しようとしたことが
きっかけになり、思いがけない能力(パラベラム)
を獲得することに・・・

第一印象は・・・実にライトノベルらしい作品
です。「百合」的にはこれからという感じです。

何の取り柄もない、主人公が強力な能力を手に
入れ、仲間たちと危険な課外活動をするという
のは実に少年漫画やライトノベル的ですよね。

今回は、ヒロイン・志甫も漫画やライトノベル
の読者層が好感を持ちそうな感じのキャラクター
になっています。

従って、表面的には一兎と志甫の恋愛もの
展開しそうな雰囲気です。実際にはこの巻では
恋愛ものにはなりませんが、今後はそういう
方向も考えられる設定と言えます。

しかし、悲観するには及びません。
ガチ「百合」カップルも登場するのです。

それが、水面夜南と阿部喜美火。今回はキスを
披露するだけですが(汗)この作品がシリーズ化
すれば、この二人だけのサイドストーリーが作ら
れる可能性もあります。

登場の仕方といい、主人公グループの絡み方と
良い、レギュラー化するのは間違いないでしょう。
それに、「百合」っぽいキャラも他に何人か
いるし、今後次第ですね。

肝心なのは、続くかどうかです。

今回は、ウケが良さそうな設定だし、文章も
非常にテンポ良いし、悪くはないと思います。

ただ、ライトノベルではそれなりに重い文章
がウケる場合もありますし、この作品にある
どこかで見たような設定(汗)を、読者がどう
感じるかですね。

個人的には是非続いて欲しいですが・・・

ではレビューは今年も二人が行います。

アレサ:明けましておめでとうございます。

ヒューシア:今年もよろしくお願い致しますわ。
いきなりだけれど、総評ね。
わたくしは今後の期待を込めて3点
夜南ちゃんと喜美火ちゃんの活躍希望するわ!

アレサ:私はあえて1点。設定にオリジナリ
ティが希薄すぎる気がするから。
でも、「ヤングガン」シリーズから、作者の
「青春もの」は良い感じがするので、その方向を
打ち出せるなら、今後は良くなると思う。

総評:●●●○○★☆☆

« 今年の「百合」展望 | トップページ | 「砂沙美☆魔法少女クラブ」4,5 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/13324752

この記事へのトラックバック一覧です: 「疾走する思春期のパラベラム」:

« 今年の「百合」展望 | トップページ | 「砂沙美☆魔法少女クラブ」4,5 »