2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 「ヤングガン・カルナバル そして少女は消えた」 | トップページ | 「コミック百合姫」VOL.6 (後編) »

2007.01.17

「コミック百合姫」VOL.6 (前編)

一迅社・刊です。

最新号VOL.7はいよいよ明日発売ですね。
本当は出る前に感想を書きたかったのですが・・・

今回も前後半2回でレビュー致します。

まず、表紙はひびき玲音氏。ちょっとクラシック
な服装の二人が良い感じです。ところで、ひびき
玲音氏もVOL.7で最後
みたいですね。
これも一迅社化の影響なのでしょうか?

ではでは、各作品の感想です。

「飴色紅茶館歓談」藤枝雅・作
3年ぶりの復活。でも新連載です(汗)
オリジナルの作品は、感情にまかせて突っ走るよう
なところがあったのですが、新作は紅茶のウンチク
を織り交ぜつつ、サラッとドキッとさせるような
セリフなどを入れて「百合」な感情を巧く表現
できていると思いますね。
今後の展開が楽しみです。

「ときめきもののけ女学園」第三話 南国ばなな・作
外野の妖怪女学生たちのヘンさに笑いっぱなし
でした。この作品で「百合」展開?と思っていた
のですが、微妙に「百合」していますね。
しかし、この作品の場合、レディースっぽい絵柄
お馬鹿な妖怪コメディというだけで面白い
です。

「星空サイクリング」Hiyori Otsu・作
こ、これってヴァージンVS・・・(汗)
冗談はさておき、話はとっても良いです。
二人の切ない関係。これぞ「百合」です!
また、方言風セリフが良いですね。「百合」は
ともすれば現実感に欠けるようなこともあるの
ですが、方言が巧い具合にリアル感を醸し出して
います。

「アップル・デイ・ドリーム」城之内寧々・作
4コマです。ネタとしてはちょっとアレですが、
お姉さん風ロリ風(二人とも20歳以上)という取り
合わせがちょっと新鮮です。
お姉さん風の方が、ツンツンのロリ風にぞっこん
というのも良いですね。考えてもみたら「百合」
カップルの取り合わせってまだまだありますね。
(作品にするのは大変でしょうが)

「まんが百合姫」
「百合」要素がある4コママンガを取り上げた
特集です。おなじみの作品もありますし、知ら
ない作品もありました。でも、こういう特集は
遅いですよね(汗)萌え4コマ誌もかなり淘汰され
ましたし。

「逆襲の赤ズキンチャン」蔵王大志・作画、影木栄貴・原作
今回はあきほと冬華が絡む内容です。
いままで2カップル別々の話だったのですが、
この2カップルが絡むというのはちょっとエキ
サイティング
と言えるかも。
血の雨が降りそうな展開ですが、個人的にこう
いうの大好きです。次回はどうなるかドキハラ。

「百合籠」CHI-RAN・作
籠の中にあなたの恋人が・・・というのは
なんともロマンチックな内容!ガーリッシュ
な絵も相まって、クラクラしそうです。
ちょっとデキスギという気もしないではない
ですが、ラストは実に良かったです。
なんともハッピーな気分にさせていただき
ました。ああ「百合」好きで良かった・・・

前半はこの辺で。

« 「ヤングガン・カルナバル そして少女は消えた」 | トップページ | 「コミック百合姫」VOL.6 (後編) »

コメント

こんにちは。
「百合籠」良かったですよね。
作者の作品ですごく好きです。

コメントありがとうございます。

>「百合籠」

ですね!
ちょっとホラー風味?と思わせて、もう
ばりハッピーエンドというのもポイント
高かったのかなと思います。

私も好きな作品です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/13552374

この記事へのトラックバック一覧です: 「コミック百合姫」VOL.6 (前編):

« 「ヤングガン・カルナバル そして少女は消えた」 | トップページ | 「コミック百合姫」VOL.6 (後編) »