2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月

2007.02.28

「てんしがくれたもの はじまりの季節」

Sakura-Fubukiというサークルの同人誌です。

「マリア様がみてる」二次創作です。

本来、パロディは権利者がオープン宣言をしていない
限り、レビューを書かないつもりでしたが、この作品
原作のキャラクターを全く使用していない点でオリ
ジナリティがあると考え、紹介いたします。

お話は、リリアン女学園点字部という地味な文化部に
集う、数組のスールと同級生達の甘くてリリカルな
会話劇という感じの内容です。

では、本日は二人がレビュー致します。

続きを読む "「てんしがくれたもの はじまりの季節」" »

2007.02.27

本日も・・・

調子が悪いのでお休みします。
どうもすみません・・・(汗)

2007.02.26

本日は・・・

風邪のためお休みします。

コメントをいただいている方、すみません。
明日お返事いたします。

2007.02.25

「ストロベリー・パニック」III

「アストラエアの丘」にある、3つの女学校の共通の
寄宿舎・いちご舎を舞台にした、ガールズリリカル
ストーリー。第三巻(6~8話)の感想です。

渚砂が部活動巡りして静馬と連弾する、6話
光莉が要と桃美の罠に・・・という7話
渚砂の傘を巡る物語、8話

観賞後の第一印象は・・・ちょっとずつ面白く
なってきました。相変わらずどこかで読んだような
モチーフが使われていますが、7話の展開は強引
ではありますが、オリジナリティが出てきたと
思います。

続きを読む "「ストロベリー・パニック」III" »

2007.02.24

今週買った物など+検索順位

今週は同人誌が多めで9件です。
DVDは間に合いませんでした・・・

続きを読む "今週買った物など+検索順位" »

2007.02.23

「メランコリック実験」

「逆ギレ刑事」というサークルの同人誌です。
メインライターは袴田めら氏。

この同人誌は、再録作品4編。書き下ろし1編という
構成の短編漫画集です。
「百合」作品は再録の中に1編。書き下ろし作品も
「百合」ですね。

読後の第一印象は・・・レビューでは何度か書いて
いますが、やはり袴田めら氏は漫画が上手い
「百合」好きではありますが、この作品に掲載され
ているヘテロな作品もすんなり読めました。
もちろん「百合」作品も良作です。

続きを読む "「メランコリック実験」" »

2007.02.22

DVD「カレイドスターぐっどだよ!ぐぅーど!」

サーカス・スポコンアニメの大傑作「カレイドスター」
のコメディ版。CGのよる短編コメディアニメ3本と
昨年行われた「カレイドスター卒業イベント」の
ダイジェストで構成されています。

でも、どちらかといえば、イベントの方がメインと
いう印象です。

鑑賞後の第一印象は・・・技術が発達しても、まだ
カートゥーンシェーディングのフルアニメって違和感
ありますね。「百合」的には得るものは少ないですが、
「カレイドスター」の興行としてのカーテンコール
という意味は大きいですね。

続きを読む "DVD「カレイドスターぐっどだよ!ぐぅーど!」" »

2007.02.21

「MASK-総集編-」

大竜亭というサークルの同人誌です。
ライターは大伝竜王氏。
「まんがタイムきららキャラット」で短期間連載
していた女子プロレスコメディ4コマ漫画の総集編
です。

主人公・一条椎奈は小柄でいかにも学級委員長
らしい外見。実は、女子プロレスでは"ドラグーン"
として活躍しているのだ!というお話。

読後の第一印象は・・・積極的「百合」とは言い
難いですが、昔の同人漫画のようなこだわり
懐かしさを感じる作品でした。

続きを読む "「MASK-総集編-」" »

2007.02.20

「すとれんじマンション」

影崎由那・作、芳文社・刊

「まんがタイムきららキャロット」に掲載されて
いた漫画の単行本化です。
この作品は途中まで雑誌で読んでいたのですが、
最後まで読むのははじめてです。

高校時代の憧れの先輩・裕(♂)を追って、東京に
やってきた、主人公・暦(♀)。偶然を装って先輩
と同じマンションの入居したが、再会した先輩は
なんと女になっていた!
というトランスセクシャルコメディ漫画です。

読後の第一印象は・・・この作品に登場する
レズキャラ・外鯨妖女のために買ったと言っても
過言ではありません(汗)
ということで、あまり期待していませんでした
が・・・

続きを読む "「すとれんじマンション」" »

2007.02.19

「ストロベリー・パニック」II

「アストラエアの丘」にある、3つの女学校の共通の
寄宿舎・いちご舎を舞台にした、ガールズリリカル
ストーリー
第二巻(3~5話)の感想です。

主人公・渚砂たちがいちご舎を探検する3話
スピカの天音が「白馬の君」に想いを寄せる4話
ミアトル独特の制度、お部屋番のお話の5話です。

観賞後の第一印象は・・・作画はかなり持ち直して
きましたね。でも、この作品の欠点を見つけたよう
な部分も・・・

続きを読む "「ストロベリー・パニック」II" »

2007.02.18

「LOVELESS CHARACTER DRAMA CD」Vol.4

サクリファイスと戦闘機というペアで、言葉(スペル)
による格闘を行うアクションバトル漫画のドラマCD。

この作品で唯一女同士のペアで、「百合」関係の
中野倭と坂上江夜を描いた内容です。

倭・江夜ペアが主人公ペアと戦って破れた後、数年
前の回想をするというお話ですが、果たして「百合」
的には?

本日は二人がレビュー致します。

続きを読む "「LOVELESS CHARACTER DRAMA CD」Vol.4" »

2007.02.17

今週買った物など+検索順位

今週は谷間なのでしょうか。
同人誌1点のみです。

続きを読む "今週買った物など+検索順位" »

2007.02.16

「鋼鉄の白兎騎士団」III

舞阪洸・作、ファミ通文庫・刊

剣と魔法の世界。女性ばかりで構成された白兎騎士団
の物語。シリーズ3巻目です。

前回、団長・マリエミュールの謀略を察知した主人公・
ガブリエラら、新人騎士達。今回はその陰謀を阻止する
ために副団長・レフレンシアとともに阻止行動を開始
します。敵味方がはっきりしない、不利な状況から勝利
するために、ガブリエラの考えた秘策とは・・・
というお話です。

読後の第一印象は・・・実は舞阪洸氏にはあまり
「百合」を期待していませんでした。でも、今回は
やってくれましたね。思いっきり悲劇ですが・・・

続きを読む "「鋼鉄の白兎騎士団」III" »

2007.02.15

「ストロベリー・パニック」I

今月のリリースで最終巻が出るのを前に、鑑賞を
開始しました。

「アストラエアの丘」にある、3つの女学校を舞台
にした、リリカルストーリー?第一巻(1,2話)
感想です。

では、第一回目のレビューは二人が行います。

続きを読む "「ストロベリー・パニック」I" »

2007.02.14

「ティンクルセイバーNOVA」2

藤枝雅・作、一迅社REX COMICS・刊

前回の感想を書いたのはもう2年以上前ですね(汗)

美咲輝学院内の正義の味方部世界征服部
抗争を描く、まったりコメディアクション漫画。
第2巻です。
今回はドラマCD付属!豪華です。

観賞後の第一印象は・・・國府田マリ子さんの
声、久しぶりに聴きました(汗)
「百合」的には後退の一途ですね・・・

続きを読む "「ティンクルセイバーNOVA」2" »

2007.02.13

「貧乏姉妹物語」4

かずといずみ・作、小学館 SUNDAY GX COMICS・刊

貧乏だけど、清く正しいラブラブ姉妹の生活を描く、
ほんわかコメディ漫画。
アニメ版のレビューは先日終わりましたが、今日は
原作の4巻(最終巻)の感想です。

では、本日はあの二人に感想を任せます。

続きを読む "「貧乏姉妹物語」4" »

2007.02.12

「龍園~ドラゴンズヘブン~」3巻

深見真・脚本、笠原夕生・漫画

東京の繁華街を舞台に、悪党を狩る組織・ドラゴンズ
ヘブンの活躍を描くバイオレンスアクション漫画

第3巻(最終巻)の感想です。

主人公・キリンの幼馴染の女の子・彩羽が登場。
彼女はD-ビジランテというドラゴンズヘブンの
同業組織に所属しているという。
キリンはD-ビジランテの女幹部の格闘技術に
興味を持ち、この組織に期間限定移籍するが・・・
というお話です。

読後の第一印象は・・・これで終わりは寂しい
ですね。最後まで編集側と意見が合わなかったの
でしょうね。彩羽の扱いからそれが伺えるような。

続きを読む "「龍園~ドラゴンズヘブン~」3巻" »

2007.02.11

「ぴぴぴ!」

神代明・著、集英社スーパーダッシュ文庫・刊

両親が遠方にいる関係で、一人で生活している少女
鳴瀬川螢が主人公。引っ越ししてきたアパートが
火事で途方に暮れていたところに現れたのは、
なんとお嬢様!螢の先祖に受けた恩義を返したいと
申し出るのだが・・・というお話。

読後の第一印象は・・・こ、これは「極上生徒会」?
いままでなかなか「百合」の花が咲かなかった神代
明氏ががんばってくれました。

続きを読む "「ぴぴぴ!」" »

今週買った物など+検索順位

パソコンがやっと復旧しました・・・
結局、クリーンインストールすることに(泣)
やはり、余計なことはすべきじゃないですね。

では、今週は同人誌が多めで9件です。

続きを読む "今週買った物など+検索順位" »

2007.02.10

本日は。。。

パソコンが不調なので、更新が遅くなるかも
しれません。。。
不用意に修復インストールなんてするんじゃ
なかった。。。

2007.02.09

「少女旋律 GIRLS LOVE SIX STORIES」

CLUB HOUSE COMPANY極東見聞舎というサークルの合同同人誌です。

2005年冬コミで刊行された本ですが、私は某ルート
で入手しました。(非合法ではないですよ)

「百合」アンソロ「[es]~エターナル*シスターズ~」
にも作品を発表していた宮越和草氏も参加しています。

では、本日はあの二人がレビューします。

続きを読む "「少女旋律 GIRLS LOVE SIX STORIES」" »

2007.02.08

「つぶらら」Vol.1

山名沢湖・作、双葉社・刊

さて、お話は・・・鈴置つぶらは周りからクール
に見られている少女。しかし、誰にも言えない
秘密のシュミがあった。それは美少女アイドル
グループ"キャラメル☆エンジェル"の熱烈な
ファンだと言うこと・・・
そんな学園コメディ漫画です。

また、この作品のオビには・・・
「百合」「萌え」「オタク」あります!!
ただし全てが主人公の暴走フィルターの向こう側に

というアオリがあります(汗)

読後の第一印象は・・・コメディ漫画としては
個人的にかなり面白かったです。「百合」として
はオビで言うほどではないですね(汗)

続きを読む "「つぶらら」Vol.1" »

2007.02.07

「かしまし~ガール・ミーツ・ガール~」4

桂遊生丸・作画、あかほりさとる・原作、メディアワークス・刊

アニメ版の感想が終わってずいぶん時間がたち
ましたが、本日は漫画版4巻の感想です。

事故?で女の子になってしまった元男の子・
はずむと、はずむが女の子になったことを
きっかけにして、彼女への恋愛感情を自覚した、
やす菜ととまりの三角関係を描く作品です。

前回の最後にはずむの余命が1ヶ月だと判明した
ところからです。

読後の第一印象は・・・かなりウエットな展開です。
でも・・・ああ、桂遊生丸氏の絵っていいなあ。

続きを読む "「かしまし~ガール・ミーツ・ガール~」4" »

2007.02.06

「話をしようよ」 "ANG"冬野短編集2

昨年の「百合」物件ランキングで4位にした
「XX(くすくす)」VOL.7にも作品が掲載されて
いる、"ANG"冬野氏の短編漫画を収録した同人誌です。
(実際には1999年の冬コミの本です)

ヘテロもの1作、ゲイもの1作、レズビアンもの3作
で構成されています。

読後の第一印象は・・・やっぱり"ANG"冬野氏の絵
って、かっこ良いですよね。レディコミ風であり
ながら、くどくないのが良いです。でも、作品の
内容はちょっと難アリ?

続きを読む "「話をしようよ」 "ANG"冬野短編集2" »

2007.02.05

「貧乏姉妹物語」5

かずといずみ原作のラブラブ貧乏姉妹漫画の
アニメ版。5巻(9,10話)の感想です。

9話は姉妹が携帯電話を入手しちゃうお話。
10話は姉妹が風邪を引いてしまうお話。

では、本日はあの二人がレビューいたします。

続きを読む "「貧乏姉妹物語」5" »

2007.02.04

「Dear Tears」

本日は、同人小説の感想です。

SAGA Angelというサークルの「Dear Tears」という
作品です。ライターは神爆龍王氏。

オリジナル中編小説1本短編小説1本で構成された
作品です。

中編作品は、部員数4人の弱小演劇部が舞台です。
4人のそれぞれの想いを、劇の内容になぞらえて
表していきます。

短編は彼のいる年上の女性にあこがれる少女の
お話です。

読後の第一印象は・・・なかなか感じの良い作品
ですが、同人誌的な甘さが否めないところはあり
ます。でも、作者の意識の高さは「買い」です。

続きを読む "「Dear Tears」" »

2007.02.03

今週買った物など+検索順位

今週もはまあ、箱ものが多くて11件
アレもあります(汗)
それにしても、どこにしまいましょうか・・・

ま・ず・は・・・

続きを読む "今週買った物など+検索順位" »

2007.02.02

「フェアリーアイドルかのん」4

袴田めら・作、ポプラ社・ブンブンコミックス・刊

最終巻です。

最初にお断りしておきますが、この作品は「百合」
ではありません。
(あくまで私の見立てでは)
あくまで、参考物件として紹介します。

かのん、まりか、こだまの3人はダンサーズという
ユニットで活躍中のチャイドル
実は、妖精のアルトと共に、歌うことで妖精界に
エネルギーを届ける活動をしているのです。
しかし、アルトの姉で悪い妖精・シャープは
かのんたちの妨害をする・・・シャープの目的
はいったい・・・というお話です。

読後の第一印象は・・・子供向け作品ながら、
「百合」要素も少ないながら、意外なほど楽しめ
ました。やはり袴田めら氏って上手いです。

続きを読む "「フェアリーアイドルかのん」4" »

2007.02.01

「歌姫-ロジエル- 光と闇の指輪」

桃井あん・作、集英社コバルト文庫・刊

歌姫(ロジエル)・ユリアとスイの活躍を描く、
ファンタジーノベル。シリーズ5作目です。

今回は書き下ろし中編1作、雑誌「Cobalt」に掲載
された短編3作からなる構成です。
この作品では、こういう構成は初めてです。さて、
どんなものでしょう?

読後の第一印象は・・・前回も良い感じでしたが
今回はより、ノベルとして完成度が高くなった
思います。「百合」的にも進展ありです!

続きを読む "「歌姫-ロジエル- 光と闇の指輪」" »

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »