2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 「ストロベリー・パニック」II | トップページ | 「MASK-総集編-」 »

2007.02.20

「すとれんじマンション」

影崎由那・作、芳文社・刊

「まんがタイムきららキャロット」に掲載されて
いた漫画の単行本化です。
この作品は途中まで雑誌で読んでいたのですが、
最後まで読むのははじめてです。

高校時代の憧れの先輩・裕(♂)を追って、東京に
やってきた、主人公・暦(♀)。偶然を装って先輩
と同じマンションの入居したが、再会した先輩は
なんと女になっていた!
というトランスセクシャルコメディ漫画です。

読後の第一印象は・・・この作品に登場する
レズキャラ・外鯨妖女のために買ったと言っても
過言ではありません(汗)
ということで、あまり期待していませんでした
が・・・

TSあり、ストーカー?あり、痴漢レズ姉さんあり、
エロ同人誌夫婦あり、そんな変態達が集うコメ
ディで、「まんがタイムきらら」誌ではかなり異色
の存在でしたね。個人的には、コメディとしては
そのギリギリさが面白かったです。

「百合」的には女体大好きで、痴漢が趣味?で
レズものオンリーの官能小説家・外鯨妖女が
ぶっ飛んだ設定で、個人的にはかなり好きでした。

最後まで読んでも活躍しそうにないキャラなので、
あまり期待はしていなかったですが・・・
まあ、なんというか、予想通りでしたね(汗)

でも、その代わり?後日談を描いた書き下ろし
4コマ漫画では、暦と裕の妹・和にちょっと
ミャクが出てきたのが判って、少し救われました。
妖女も健在だし。

では、総評。

ヒューシア:わたくしは2点。ああ、もっと妖女
ちゃんを活躍させて欲しかったわ!

アレサ:私は1点。コメディとしてはそれなり
に面白かったと思うけど、作者の
「百合」への傾倒が無さ過ぎね。
あと、「裕子」「優子」どっち?「ユキエ」
いう選択肢もあるけど・・・

総評:●●○○○★☆☆

« 「ストロベリー・パニック」II | トップページ | 「MASK-総集編-」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/13990559

この記事へのトラックバック一覧です: 「すとれんじマンション」:

« 「ストロベリー・パニック」II | トップページ | 「MASK-総集編-」 »