2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« DVD「ストライクウィッチーズ」 | トップページ | パソコン死亡・・・ »

2007.03.07

「ナハトイェーガー~菩提樹荘の闇狩姫~」

涼元悠一・著、GA文庫・刊

主人公は何の取り柄もないが、大病院院長のご息女、
白河恵那。ある日突然、彼女の前に銀髪の美幼女
フレイヤが現れ、熱烈に懐かれることに・・・
不思議な事件に巻き込まれながらも、次第にフレイヤ
に惹かれていく恵那・・・
というお話。

本日は久しぶりに二人がレビュー致します。

ヒューシア:見目麗しい美幼女とラブラブ生活!
なんとも甘美で危険な設定なのよ~
こういうお話って、主人公が何の取り柄もない
少年
とかだったら、掃いて捨てるほどあるじゃない。
でも、でも、この作品の主人公は女の子
もうこれだけで貴重な物件だわ~

アレサ:貴重である点は認めるけど、基本的
には「萌えもの」よね。
美幼女なのに、実は何百歳というのも、イカニモ
な設定ね。
まあ、キャラクターの設定は美味しいと思うけど、
ライトノベルとしてはちょっと物足りない印象。
オープニングの盗賊団はなんだったの?という
感じ(汗)

ヒューシア:確かに、こういう作品のセオリーと
してはアクションに走りがちだけれど
この作品はそういうのは少ないわね。
でも、ストレートなアクションはアリガチだし、
わたくしはこれで良いと思うわ。

アレサ:後書きで作者も「百合」だと明言して
いるし、「百合」を意識しているのは
間違いない。でも、なんか引っかかるのよ。
こういう作品の場合、主人公が男の子であればよく
ある話だけど、そのよくある作品と何が違うの?
と思うわけ。つまり主人公が女の子である必然性
感じなかった。

ヒューシア:わたくしとしては恵那ちゃんのドキ
ドキ感は描写されているし、次第に
フレイヤちゃんに惹かれている自分に気が付いて
ドキッとしたりとか、そういうところが押さえら
れているし、満足したけれど?

アレサ:それはそうだけど、もうちょっと
「百合」としての意義を出して欲し
かったな。フレイヤが何故、恵那を好きになった
のか。これが十分に語られなかったのが大きな
マイナスだと思う。

ヒューシア:では、総評いくわ。わたくしは4点
久しぶりの快作だったわ。こういう
萌え気分にさせてくれる「百合」作品って意外と
少ないから本当に貴重だと思うわ。

アレサ:私は2点。なんだかんだ言ったけど
この作品の言語感覚はキライじゃない。
後書きを読む限り、作者はまだやる気あるみたい
だし、2巻に期待できると思う。

総評:●●●●○★★☆

« DVD「ストライクウィッチーズ」 | トップページ | パソコン死亡・・・ »

コメント

百合(って、敢えて言うが)作品のなかで、「百合」「百合」と連発するのは、なんだか不自然だと思いましたが。いや、何言っているのでしょう。私は(汗

コメントありがとうございます。
★ONE様

>「ナハトイェーガー」

私は素直にも、「百合」を意識してくれて
嬉しいなあ、と思ったのですが・・・

>なんだか不自然

そういわれて見れば、そうかも(汗)

昔の少女小説「ティーパーティー」シリーズ
で、主人公・後野まつりが、「わたしは百合
さんではなーい!」とか言っていたのを思い
出してしまいました(汗)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/14181875

この記事へのトラックバック一覧です: 「ナハトイェーガー~菩提樹荘の闇狩姫~」:

» ナハトイェーガー 〜菩提樹荘の闇狩姫〜 [ライトノベルっていいね]
ナハトイェーガー 〜菩提樹荘の闇狩姫〜 著者 涼元悠一 イラスト 一美 レーベル GA文庫  欠点だらけ。でも引き込まれる。  人気blogランキングへ ← よろしくお願いします。  クリックありがとうご... [続きを読む]

« DVD「ストライクウィッチーズ」 | トップページ | パソコン死亡・・・ »