2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 「WORKING!!」3 | トップページ | 「DJCD マリア様がみてる」1,2 »

2007.03.24

今週買った物など+検索順位

今週は久しぶりに多くて11件です。
コメントで教えて頂いた物件も入手しました!
ONE様、月光様、情報感謝いたします!

まずはDVDから。

●DVD「爆裂天使インフィニティ」
TV放送版はレンタルですませましたが(汗)これは
買いました。なんたって、ジョーとメグが中心の
話です!でも、いまだにOVAが出るとは人気が
ある証拠でしょう。検索ワードも多いですし。
でも、「百合」かどうかはまだ不明です(汗)

●DVD「シムーン」8
いつも通りの妖しげなジャケットイラストです(汗)
いよいよラス前「ストロベリーパニック」の鑑賞
が終了したら、すぐにこの作品の鑑賞に入るつもり
です。

「ムシウタ 05.夢さまよう蛹」
岩井恭平・作、角川スニーカー文庫・刊
ONE様に教えて頂いた物件です。実は4巻も探したの
ですが、近所には綺麗な本が無くて買えませんで
した。でも、近日中に入手します(汗)
それにしても、3巻を買ったのは3年も前ですね(汗)
続けて買っておけば良かったです。

「妄想プロジェクト 舞-乙HiME if」
威成一・著、矢立肇・原作、メガミ文庫・刊
「舞-乙HiME」の同人誌的なストーリーノベルみたい
ですね。それにしてもオフィシャルな作品なのに、
「妄想プロジェクト」というタイトルが付くのが
スゴイです。「百合」ネタあるかな・・・

「ラビオリ・ウエスタン」
森橋ビンゴ・著、ファミ通文庫・刊
少女とお姉さんの殺し屋バディもの、ということで
買ってみました。「百合」かどうかは全く判りま
せんが・・・(汗)

「チャームエンジェル」1
「チャームエンジェル」2
もりちかこ・作、小学館ちゃおコミックス・刊
月光様に教えて頂いた物件です。あの「スパーク!!
ララナギはりけ~ん」
のもりちかこ氏が新作を
出していたとは、知りませんでした。
本当に一生の不覚!
今回は男性キャラも目立っていますが、「百合」
っぽい感じも確かにあるようですね。

「教艦ASTRO」1
蕃納葱・作、芳文社・刊
これも月光様に教えて頂いた物件です。
確かに入手が難しかったです。町中の大きな本屋は
全滅でしたが、郊外書店で1つだけありました。
・・・と思ったら、二刷でした。4コマ漫画で6日
で二刷とは、よほどの人気なのでしょう。

「街角花だより」
こうの史代・作、双葉社・刊
風の噂で、良さ気、ということを聞き、買いました。
な、なんとも味のある絵です。
こういう雰囲気好きです。

次は同人誌です。

「ふんわりあったかくちどけチョコラ♪」
Strawberry floatというサークルの同人誌です。
姉妹「百合」ものです。ううう、チョコレートの
ように、甘~いお話です(汗)

「巷説夢見異聞」
MILK BARというサークルの東方系同人誌です。
うう、これも、かわいくて甘~い、内容。
ふう・・・「百合」は良いのう・・・

今回(過去でも)紹介した作品で、早急のレビュー
のご要望があれば、コメントまたはメールにて
お知らせください。

では、今週の検索順位(割合1%以上)です。
20070324
今週は1.0%以上のものにさせて頂きました。
8位「ストロベリーパニック」がここに来て上位に
入るようになってきましたね。放送中はなかなか
上位にならなかったのですが・・・
10位「爆裂天使」「インフィニティ」は「百合」
的にどうでしょうね。「百合」だったら、この作品
を見直します。
20位「レイラ」22位「そら」「カレイドスター」
はまだまだ人気ですね。

« 「WORKING!!」3 | トップページ | 「DJCD マリア様がみてる」1,2 »

コメント

こんにちは。毎日の更新ご苦労様です。

現在発売中の「月刊ザ・デザート」に
同じ講談社から出ているビアン小説の
漫画化が掲載されてました。タイトル
は「KOOLS」です。そこしか読むとこ
がないので、自分は立ち読みで済ませ
ましたが、なかなか良かったです。

 こんばんはー。
 舞HiME関係、ノベルジャパンって雑誌に舞・HiME Destiny 龍の巫女ってのが連載開始しました。静留さんは相変わらずですが、すごい、強い、かっこいーと今後に期待できるかなと思ってます。
 一度ご覧下さいー。

こんばんは。

私も「教艦ASTRO」手に入れました。
(同じく第二版でしたが.)
確かにいますね。百合なお方が♪

コメントありがとうございます。
★Wild Fanciez様

>「KOOLS」

「月刊 Theデザート」4月号本日無事に入手
できました。

まだ、ぱらぱらとしか読んでないのですが
とても良さそうですね。雑誌掲載で、単行本
にならないかもしれないので、買い逃すと
入手困難になるところでした。

情報、ありがとうございました!

★いおり様

>舞・HiME Destiny 龍の巫女

これって、ゲーム版のノベライズでしょうか?

でも、静留さんが活躍と聞くと、黙っちゃ
おられませんね!
早速雑誌をチェックいたします。
(買うのは単行本になるかも(汗))

情報、感謝です!

★月光様

>「教艦ASTRO」

まだ読んでないのですが、確かに魅力的な絵
ですよね。これで「百合」キャラがいるなんて、
なんて良い時代なのでしょう!

 どもー。
 えーと、小説ですけれど舞台を北海道に移したオリジナルですね。
 百合展開あるとおもしろいとこですが。

 ところで、百合的な質問ですけど、男性が転生して女性になる場合は微妙なようですが、前世心は乙女(ぶっちゃけ性同一性障害)な男が転生して女になって百合展開はありですか?
 そんな小説書いてみたいなと仏思いつきまして。

 では

>いおりさま

勝手に横レスすみません。
「炎の蜃気楼」のメインキャラクターに、女性に換生(この言葉この小説の専門用語なんで、ここで説明するスペースがないのでウィキペディアを見てくださいませ)したときに男性を好きになって以来女性に換生し続けているというキャラがいましたが。

後者の性同一性障害者(以下専門用語で「GID」と書きます)さんと女性の話は、まだこちらで感想書かれてないので恐縮ですが、1月発売の百合姫に載ってます、とだけ申し上げておきます。まだ間に合うはずですから読んでみてください。これは一大事件でしたよ。ちなみに明かすと、男性の体で生まれて女性の心を持つ方(以下専門用語で「MtF」と書きます)で性的嗜好が女性という方って、MtFの中の半分ほどいらっしゃるそうですよ。

そういう話考えておられるんですか? 書いてください! ここに読者がいます! 待ってます(わたしも、もっと複雑なトランスネタを考えております)。
昔「前略・ミルクハウス」が好きだったり多田かおるの「デボラシリーズ」を雑誌で楽しんだり、カルーセル麻紀さんが女の子と付き合ってると聞いたときはほんのりいいなあと思ったりしてました(この方GIDじゃないそうで、今はよくわからない方ですが)。

今回サイトアドレスはうちの日記の1月30日のアドレスにリンクしました。この頃はGID当事者さんの本にいかに感動したかということを書いてる時期で何か浮き足立っていて今思うと妙にハズカシイのですが。

虚人ねこさん、どうもすみませんでした。黙っていられない話題だったものですから。あ、ここで百合姫7号の感想、リクエストしてもいいですか?(爆)

コメントありがとうございます
★いおり様

>男性が転生して女性になる場合

前世が男性といえば、個人的には皆川ゆか・作の
「ティー・パーティ」シリーズの鷲橋蘭を思い出し
ます。

個人的には、鷲橋蘭は許せますね。
(前世は男らしい男でしたが)

やはり、作者がいかに「百合」を意識しているか
だと思います。逆に「百合」だという意識が
あれば、「百合」ファンにも理解してもらえると
思うのですよね。

でも、最終的には人それぞれで、許せない人もいる
と思うのです。大事なのは、そういう人もいるという
開き直りじゃないかと思います。

私も興味があります。読みたいです!

★べにすずめ様

そういえば、「百合」はそうでもないですが、BL系
(というか女性主導のジャンル)では、男性キャラが
女性になるパロディ漫画って多いですね。

男性向けジャンルではマイナーですが、女性化に性的に
興奮する人もいるようですし。

この分野は本当に奥が深いですよね。
また、前世とトランスやMtFもニュアンス違うと思い
ますし。

>黙っていられない話題

いえいえ、どんどん割り込んでください!

>百合姫7号

了解致しました!近いうちにレビュー致しますね。

快い(?)お答えありがとうございます。

わたしが考えているのは、MtFトランスジェンダーさんと女性の夫婦に、トランスさんの前にバイの小悪魔っぽい女の子(24,5歳くらいかな)が、奥さんの前にイケメン(30歳くらいかな?)が現れて、というお話です。戸籍の性別だけ見るとただの四角関係ですが、ひとりGIDがいるだけであれ? とも新鮮とも……まだ新鮮だと思ってもらえますかね……。夫婦の年齢をいくつにしよう?

前世でGID……GIDという概念自体新しいものですから、未来のお話かと。それとも「今で言うそういうタイプ」なのかな?

ちなみに今GID(といっても、男性であることにちょっと違和感はあるけどそんなに深刻でないらしい方。今読む雑誌がレタスクラブだったり、昔は別マを読んだりしていたそうです)でMtFの方が前世を見てもらったら、明治時代らしい時代で、女の子で、向学心があるのに女性の生き方が狭められていた時代のせいで男の子になってもっと勉強したいと思っていたのに、病気で早く亡くなった女の子だった、という診断をされたという方がいましたね。面白いものです。そういえばMtFの方って、女性より男嫌いっぽい方が多いかも。自分の中の男性の体の機能を通してそれが嫌さに男の人がダメになっちゃうのですかね。

ちなみにわたしは浜田省吾の曲をカラオケで歌うときだけ男の子になりたくなります。声同一性障害?(当事者さんが来なさそうだから書けるギャグ・笑)。

前世が女性で男性になって男性と恋をする、という話は結構聴くような気がしますが逆は聴いたことがないので貴重なご意見ありがとうございます。

くだらないことばかり書いてすみませんでした。不適切だと思いましたら消してくださいませ。

コメントありがとうございます。
★べにすずめ様

>わたしが考えているのは

森奈津子氏の「耽美なわしら」をより複雑にした
ような作品でしょうか?

# ご存じかもしれませんが「耽美なわしら」は、ゲイ、
# ビアン、バイ、Aセクの登場人物が織りなすコメディ
# です。人間関係が綺麗な形状をしているのが面白い
# 作品です。

べにすずめ様の作品は、どういう内容になるか、
ちょっと想像が付きません。コメディだと面白そう
ですが、どろどろした展開だと、小心者の私は
読めないかも(汗)

セクシャリティが糸のように絡まる内容を明快に
小説にするのは、かなり難しそうな作業でしょうね。

でも、この配役で「百合」に重心を持たせるのは
難しいかもしれませんね。
(これは「百合」好きとしての意見ですが)

>くだらないことばかり書いてすみませんでした。

いえいえ。そんなことはありませんよ。
「百合」とはっきりしていなくても、複雑なセク
シャリティの関係を考えるのは面白いと思います。

お返事と、リクエストにお答えいただき、ありがとうございます。
MtFレズビアンさん(上にも書いたけど本当に多く、MtFさんとビアン女性のカップルというのも結構いらっしゃるそうです)にはちょっとかわいそうだとは思うのですが、女装少年やGID、転換したひとの話は「百合」に分類しない方がいいのかもしれませんね。ふたなりも。「トランスもの」として分類する。「前略・ミルクハウス」は「百合」というふれこみではありませんでしたし(某MtFさんがこの作品をかなり評価しています。女装するひとが男性を好きという固定観念を覆したから、というのが理由らしいですが、わたしがMtFさんと女性のカップルに萌える? ようになったきっかけかもしれません)。
最近ネット読んで彼女たちのファンになっていますし、「おこげ」って言葉の新定義作るとしたらわたしみたいなの言うのかも(笑)。

>複雑なセクシャリティの関係を考えるのは面白いと思います
上に書いた設定は、「百合」として発表することは全く考えてませんでした(キャラの平均年齢が高くて「百合」の枠に収まらないし)。本当です。今の感覚では普通のラブストーリーとして受け止められるかわかりませんが。でも、発表したら……面白いことが起こるかもしれませんね。いつか実力つけて書いてみようっと。頑張ります。
あ、ネットでは、トランスさん(わたしがファンしてる方です)が「女の子ふたりと元男の子(ISかもしれない)の三角関係」らしきお話を書いてらっしゃるようですね。これ百合って感覚で書いてらしたのかはわからないですが。ご本人男性時代はレズものAVきらいだったそうですし(自分が当事者に近い存在になれたら「サイコー」と言ってるんだから現金ですよね。それでもファンでい続ける健気だわたし)。
せくシャリティの関係を考えることについてスペースを与えてくださりありがとうございます。いおりさまからも応答があると嬉しいですね。


コメントありがとうございます。
★べにすずめ様

>MtFさんとビアン女

そうなのですか・・・この辺りの事情は私は疎い
のですが、女性は許容セクシャリティの幅が広いと
思うので、それもあるかも、と感じます。

>女装少年やGID、転換したひとの話

「百合」の定義は難しいですが、確かにこれらの
セクシャリティは「百合」にしないコンセンサス
の方が多いように思えます。
「ふたなり」はもっと別次元だと思いますが(汗)

>「おこげ」

ビアンに付くMtFはなんて言うのでしょうね。
巧いメタファが見つかりませんね(汗)
「ファビアン」「トラビアン」・・・ううむ。
ネーミングセンスないなあ(汗)

>いつか実力つけて書いてみようっと。

「百合」抜きで、楽しみにしています。
それにしても、複雑なセクシャリティを作品化する
ことを考えると「百合」が簡単に思えてしまいます。

>せくシャリティの関係を考えることについてスペース

これからもどうぞ。私もたまには深く考える
時間を持たないと老化しそうです(汗)

トランスさんを好きな人のことを英米では「トラニーチェイサー」と言うそうですが(悪い言葉で言えばもっぱら「カマ好きの男性」のことを言うようですが。わたしをニューハーフバーに連れてってくださった方は女性です)、ビアンにつくMtFは……謎ですね。
これに関するコメントも最新日付けでやってください。

コメントありがとうございます。
★べにすずめ様

>「トラニーチェイサー」

へー。この言葉は知りませんでした。

「トラニー」(性転換した人の)の「チェイサー」
(追っかけ)なので、そのまんまですね。

>ビアンにつくMtF

ちょっと思い出した話があります。
知っているかもしれませんが、テニスのマルチナ・
ナブラチロワと、彼女のコーチでMtFしたレニー・
リチャーズはデキていたとか。

これが本当なら、彼(彼女)にあやかって
「レニー」というのも良いかもしれませんね。
(同じ名前の人は嫌がるでしょうが・・・)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/14374567

この記事へのトラックバック一覧です: 今週買った物など+検索順位:

« 「WORKING!!」3 | トップページ | 「DJCD マリア様がみてる」1,2 »