2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 「アイドルマスター XENOGLOSSIA」第1話 | トップページ | 「ストロベリー・パニック」IX »

2007.04.09

「ムシウタ 04.夢燃える楽園」

岩井恭平・作、角川・スニーカー文庫・刊

ONE様にお勧めいただいた物件です。
ONE様、ご紹介、感謝!

"虫憑き"という特殊能力を持った若者達と、彼らの
組織間の抗争と、彼らの野望を描く青春アクション
ノベル。シリーズ4作目

3巻を読んでからだいぶ時間が経ってしまいましたが
4巻の感想です。

今回は、能力は低いが野心家の茶深を中心に、数人の
運命の交錯が描かれます。

読後の第一印象は・・・やはりこの作品は巧いですね。
ライトノベルとしては良作だと思います。「百合」と
しては、もう少しという感じです・・・

この作品は本当に巧いです。

大量の登場人物達の思惑の交錯。伏線の効かせ方。
適度に読み応えのあるシリアスな文章。しかも
奇をてらっていない、ストレート勝負。
それが理想と判っているけど、実際にこういう風に
やれる作家は少ないと思います。そして完成度も
高い。

1,2巻で打ち切られるライトノベルが多い中、8巻(現
時点)も続いているのは伊達じゃないですね。
アニメ化企画も進行しているのも頷けます。

「百合」としては・・・いくつか要素があります。
このエピソードの影(?)の主人公・千晴と謎の少女・梓、
茶深と彼女を慕っている"コノハ"。そして茶深と千晴。

ただ、そのどれもが条件付きなんですよね。

梓は謎の存在に操作されているし、コノハも茶深の能力
で慕っていると思われるし、千晴もブラコンらしいし。

この作品は心理描写が巧みなので、「百合」妄想が
しやすい
という利点もありますが・・・

しかし・・・この作品の最大のネックは、この作品の
根底に流れるヒロイズムではないかと思います。

どうも男性キャラは意志が強くてダーク。女性キャラ
はか弱く、女性的という印象を受けます。
そこがウケている要素であることも判るのですが、
「百合」的にはプラスには働かないと思うのですよね。

ただ、男女とも非常にたくさんのキャラクターが
登場するし、男性キャラのダークさは女性キャラと、
敢えて、距離を作っている印象も受けます。

また、茶深みたいに意志の強い女性キャラもいるし
「百合」の芽がでる可能性は低くないという雰囲気も
感じるのです。

まあ、あとは作者次第なのですが・・・

話は間違いなく良作です。次の巻も買っているので、
読むのが楽しみです。

では、総評。

ヒューシア:わたくしは2点。妄想分を含めれば良い
感じだけれど、ああ、もう一歩が欲しい!

アレサ:私は2点。ライトノベルとしては本当に
良くできていると思う。でも、この作品
のアニメ化って大変そう。アニメになったら是非
チェックしたい。

総評:●●○○○★★☆

「ムシウタ 03.夢はばたく翼」

« 「アイドルマスター XENOGLOSSIA」第1話 | トップページ | 「ストロベリー・パニック」IX »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/14625515

この記事へのトラックバック一覧です: 「ムシウタ 04.夢燃える楽園」:

« 「アイドルマスター XENOGLOSSIA」第1話 | トップページ | 「ストロベリー・パニック」IX »