2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 「Vampyros Lesbos」 | トップページ | 「ストロベリー・パニック!」1 »

2007.04.17

「シムーン」1

今月のリリースで最終巻が出るのを前に、鑑賞を
開始しました。

舞台は異世界・大空陸。この世界のシムラークルム
宮国と、宮国の技術を欲する隣国とは戦争状態。
お話は、宮国の神に仕える乗り物・シムーンの謎と、
それに乗る巫女・シムーン・シヴュラ達の運命
描かれる・・・事になると思います。

観賞後の第一印象は・・・個人的に異世界もの
アニメって好きです。キャスト、演出、BGM共に独特
の世界観を持っていて、オリジナリティは感じます。
さて「百合」としては・・・?

アニメで育った私としては、こういう独特の世界観
には強く惹かれます。
なんというか、実に深夜アニメっぽい雰囲気を醸し
出していて、リアルタイムで観ていたら、もっと
雰囲気に酔えたように思えます。

1話の作画はかなり頑張っていましたね。
可愛い感じのキャラクターデザインなのに存在感が
希薄にならない作画といいますか、ぶっちゃけ線が
太い
といいますか。こういうの悪くはないです。
でも、2話になるともう崩れています・・・(汗)

作品の完成度としてはちょっとアンバランスなところ
はありますが、戦争の緊張感と、性別を決めるという
モラトリアム的な心理がとても良く出ていた演出・
脚本だったと思います。

肝心な「百合」的には・・・
まだなんとも・・・というのが正直なところです。

確かに女の子同士のキス(しかも集団)は目の保養
したが(汗)それだけで心から喜べるようなものじゃ
ないですし・・・
これから、複数のパル関係が描かれて行くことに
なると思うので、今後が見物ですね。

まあ、個人的にはツカミはOKでした。
ということで、総評です。

アレサ:私は1点・・・うーん2点にする。
演出や脚本はなかなかだった。アニメ
としてまじめさを感じたので。

ヒューシア:アレサちゃんにしては悩んでるわね。
わたくしはとりあえず2点ね。まだ
まだこれからという感じ。期待しているわ。

総評:●●○○○★★☆

« 「Vampyros Lesbos」 | トップページ | 「ストロベリー・パニック!」1 »

コメント

フューシアってわざとですか?と少し疑問です。
>シムーン
体が男になったからといって、そうそう心も男になるものなのだろうか?と常々疑問だったアニメです。
>性別を決めるという
モラトリアム的な心理
この設定をみると、男に転換した女の子も男の様な言動をするようになるけれど潜在的には実は女の子で、だからこの世界は百合のパラダイスなんだ。
と妙な想像をしてしまうのですが(汗

この作品は、ONE様が言われていることも含め、
基本設定に強い違和感を感じて、
早い時期に見るのをやめてしまったのですが、
高く評価している人も結構いるようで、
もう少し見ておけば良かったかな、と少々後悔中。
こちらのレビュー内容によっては、
見直そうかとも考えています。

ところで、個人的一大サプライズが発生しました。
「乙女の港」図書刊行会版をゲットしてしまったんです!
それも、なんとAmazonで。
他の探し物のついでに、何気なく検索をかけたら、
マーケットプレイスに1冊あったんですよ。
迷わず即座に注文しました。(価格5,000円也)
届いた現物を見てみると、
復刻版とはいえ、20年以上前の出版ですから、
それなりの変色や、外装のくたびれはありますけど、
折れや染みなどもなく、そこそこの状態で、
買って良かったー、としみじみ思いましたね。
昭和21年発行のひまわり社版を原本としつつ、
「少女の友」掲載時の挿絵も収録しているとの事で、
文庫ですら千円超えたりする、今の書籍相場を考えれば、
安い買い物だった気も。
運の良さを実感しつつ、じっくり味わいたいと思います。

コメントありがとうございます。
★ONE様

>フューシアってわざとですか?と少し疑問です。

妙に慎重ですよね(汗)
まだはっきりとした恋愛感情という表現ではないから、
様子見をしているのだと思います(汗)

>実は女の子で、だからこの世界は百合のパラダイスなんだ。

そういう考えも出来ますね。
でも、女性の身体にこだわる人もいるし・・・

しかし、こういう「百合」の境界を揺さぶる作品は
個人的には興味深いと感じています。

★Mark様

>こちらのレビュー内容によっては、

そ、そうですか・・・ちょっと責任を感じますが
気を引き締めてレビューしたいです。

>「乙女の港」図書刊行会版をゲットしてしまったんです!

そ、それはおめでとうございます!
私も図書刊行会版持っていないのです。

だから、読みたいときはボロボロの旧版を慎重に
めくるか、図書館に行くしかありません。

私も欲しいです。また復刻しないかな・・・

>マーケットプレイス

って、実はかなり穴場ですよね。
私も「サッフォ 詩と生涯」をマーケットプレイスで
入手しましたし。

久々に入手難本を検索してみようかな・・・

言い忘れていましたが、中盤~後半で、虚人ねこ様の好きな(?)大きなお姉さんと小さな女の子のカップルができます。けれど、最初はツンツンしています。

>フューシアってわざとですか?と少し疑問です。

妙に慎重ですよね(汗)
まだはっきりとした恋愛感情という表現ではないから、
様子見をしているのだと思います(汗)

カテゴリーのところに「「フュ」ーシアとアレサの部屋」とあって、それが気になっただけです。分かりにくくってすみませんでした。


コメントありがとうございます。
★ONE様

>言い忘れていましたが、中盤~後半で、虚人ねこ様の好きな

それはちょっと小耳に挟んでいますよ。
観るの楽しみです。でもちょっとコワイかも。

>カテゴリーのところに「「フュ」ーシアとアレサの部屋」

わわ・・・これは失礼しました(汗)

彼女は英語の綴りが先に決まったのです。
Fuchsia・・・だから「フ」が正しかったの
ですが、いつの間にか「ヒ」に・・・(汗)
たぶん「ヒューストン」からのすり込みだと
思うのですが"Houston"だし(汗)

ああっ、やっぱり「フューシア」が正しい
気がしてきました・・・(汗)

教えて頂いてありがとうございます。
近いうち(また)変更します(汗)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/14743539

この記事へのトラックバック一覧です: 「シムーン」1:

« 「Vampyros Lesbos」 | トップページ | 「ストロベリー・パニック!」1 »