2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 「シムーン」1 | トップページ | 「百合星人ナオコサン」1 »

2007.04.18

「ストロベリー・パニック!」1

公野櫻子・著、電撃文庫・刊

アニメの感想が終了しましたので、他メディアの作品
も解禁しました。まずはノベライズです♡

お話は渚砂登場から、静馬と最初のエトワール選を戦う
ところまで描かれます。しかし、アニメ版と違って、
エトワール選は1年で3回戦行われるわけで、アニメ版
とは重みが違う印象です。

あと、「百合」要素を抽出した部分はなく、どことなく淡々
とした展開で進んでいる印象です。

では、本日は二人がレビュー致します。

ヒューシア:みなさまこんにちは♡ヒューシアですわ♡
本日は、この作品の感想ね♡

アレサ:アニメ版とかなり違うよね。というか、
全く同じ要素を見つける方が難しい?
と思えるくらいね。
あと、前半は妙に軽くて、記憶に残りにくい作品
と言えるかも。

ヒューシア:確かに、この作品が単体で登場していたら
アリかもって思うけれど、アニメ版を
観てしまったら、見劣りするわね♡

アレサ:そうそう。玉青、深雪、夜々と言った
アニメ版を盛り上げた、キャラクターが
軒並み薄いよね。渚砂も薄いような・・・

ヒューシア:でもでも、このノベルも良いところは
あるわよ♡なんと言っても、静馬ちゃん
がちゃんと高邁なお姉さましてるわ♡
大切な人を亡くして、それでもプレイガールでいられ
るって思うけれど、自分を貫いているという点では
格好いいキャラクターだと思うわ♡

アレサ:それは同感。
あと後半、花織の存在が明らかになって
から挽回している印象ね。アニメ版では出番が少な
かった、狩野水穂に「百合」の重さを持たせたのも
見逃せないところ。
・・・ところで、いい加減鬱陶しい。

ヒューシア:え?なにが~♡

アレサ:・・・いいわ。やってなさい。

ヒューシア:ああっ。もうやめるから~
・・・そうえば、ノベル版の静馬を
アニメ版に、ということは出来なかったのかしらね?

アレサ:それは難しいと思う。だって、ノベル
版のキラキラした静馬をアニメ版に持っ
ていくと、勝ち組負け組のコントラストがあまりに
目立つじゃない。
逆に言えば、負け組をしっかり描きたいがために、
アニメ版の静馬はヘタレにしたんじゃないかな。

ヒューシア:鋭いわ~。さすがわたくしのアレサ
ちゃんね!

アレサ:まったく。調子良い・・・

ヒューシア:では、総評ね。
わたくしは4点にするわ。この作品が
イキナリ現れたら5点付けたけれど、アニメ版の
存在はやっぱり大きいわね。差を付けるために
この点にしたわ。

アレサ:私もヒューシアと同じ理由で2点
する。この作品はあと2巻もあるし、
アニメ版とは別の"立ち方"をしてくれたら嬉しい。

総評:●●●●○★★☆

アニメ版「ストロベリー・パニック」の感想はこちら。
「ストロベリー・パニック」I
「ストロベリー・パニック」II
「ストロベリー・パニック」III
「ストロベリー・パニック」IV
「ストロベリー・パニック」V
「ストロベリー・パニック」VI
「ストロベリー・パニック」VII
「ストロベリー・パニック」VIII
「ストロベリー・パニック」IX

« 「シムーン」1 | トップページ | 「百合星人ナオコサン」1 »

コメント

こんにちは。これは自分も読みましたね。
アニメとはまた違った感覚で楽しんでいたと思います。
これも2巻とかに入ると新キャラとかも出てきてよかったですよ。
でも、確かに軽めの内容ではありますかね。ww
そういうライトな描写を好きな人は好むと思いますけど。

コメントありがとうございます。
★ゆう様

>アニメとはまた違った感覚で楽しんでいたと思います。

そうですか。アニメはアニメとして完成された
作品だったので、軽い文体でアニメと同じ展開
というのを恐れていたのですが、独自路線と
いうことで安心しました。

教えて頂いてありがとうございます。
安心して読み進められます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/14758981

この記事へのトラックバック一覧です: 「ストロベリー・パニック!」1:

« 「シムーン」1 | トップページ | 「百合星人ナオコサン」1 »