2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 「らき☆すた」第1回 | トップページ | 「苺ましまろ Original Video Animation」Vol.2 »

2007.04.12

「STRAY LITTLE DEVIL」1,2

森小太郎・作、メディアワークス・刊

さてさて、先日最終巻が発行され、それが「百合」
エンド
だったものだから、「百合」ファンの間で
急に話題になった作品。1,2巻の感想です。

私も1巻が発行されたときに、ちらっとチェックして
いたのですが、絵の感じから「百合」にはならない
だろうと思って買っていませんでした・・・(後悔)

お話は・・・主人公は中学生・阿久町ぱむ。ある日、
祖母が愛したという「優しい悪魔」を呼び出す儀式
をしている最中、ぱむ自身が天魔界に引きずり込ま
れてしまいます。天魔界で、ぱむは悪魔研修生・
パムとして大冒険!という内容です。

読後の第一印象は・・・基本的には冒険ものですが
ちゃんと読むと1巻から「百合」のミャクは感じます。
うう。やはり1巻から買ってれば良かった・・・

何というか、実にストレートな冒険ものです。
絵の安定感スピード感など、しっかりしていて、
作者の力量の高さを感じます。

しかも、2年で5冊とコンスタントに発行出来ている
ところがスゴイです。
この手の作家って、ともすれば遅筆な人が多いです
が、プロの仕事をしていると思いました。

で、「百合」としては・・・
描写としては分量は少ないのですが、ぱむが人間界
にいたときの親友だった、凛花との関係に注目です。

ぱむは凛花とスキンシップしているし、お互いの
名前を呼ぶときにハートマークが付いているし(汗)
かなりの親友だったことを伺わせます。

しかも、天魔界でパムが出会った、リンファは
凛花そっくり。しかも、パムに敵対心を持ち、2巻の
最後ではリンファはパムを誤解してさらに敵対して
しまう!

これで「百合」のミャクを感じない方が鈍感と
言えるかもしれません(汗)

ううう。やはりこの作品を見逃していたとは、
一生の不覚でした。(最近多い表現ですね)

ただ、上記は要素を切り出して書いたものです。
実際には、冒険ものらしく、大活劇もしているので
「百合」の芽は出にくいのでは?と思った人は
多いかもしれませんね。

私もリアルタイムで読んでいたら、そういう疑念を
常に持ったと思います。(今は結末を知っているの
で何とでも言えますが)

なまじ冒険ものとしてそれなりに良くできている
から「百合」を諦めてしまう・・・なんというか
「百合」ファンの小心者心理ですね(汗)

では、総評です。

ヒューシア:わたくしは2点。ほんの数ページだけ
れど、ぱむちゃんと凛花ちゃんのラブ
っぷりが良いの。でも、この時点で高度な「百合」
になるかという予想をしていたら、半々だったと
思うわ。

アレサ:私は2点。冒険ものとしてしっかり
しているけど、パム、ライム、ウィ
ーネ3人組の友情ものとしても悪くないよね。
パムはいかにも主人公という性格だから、好き嫌い
はありそうだけど。

総評:●●○○○★★☆

« 「らき☆すた」第1回 | トップページ | 「苺ましまろ Original Video Animation」Vol.2 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/14660298

この記事へのトラックバック一覧です: 「STRAY LITTLE DEVIL」1,2:

« 「らき☆すた」第1回 | トップページ | 「苺ましまろ Original Video Animation」Vol.2 »