2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 「ヤングガン・カルナバル 愛しき日々、やがて狩りの季節」 | トップページ | 今週入手した物件など+検索順位 »

2007.05.04

「シムーン」3

"大空陸"の舞台に、飛空挺"シムーン"に乗り
戦う少女たちの青春と運命を描く、ファンタジー
アニメ。第3巻(6~8話)の感想です。

ネヴィリルとパライエッタの関係を描く6話
マミーナとユン登場。コールテンペストにまた波乱
が巻き起こる7話
隣国が和平交渉を持ちかけてくるが・・・8話

観賞後の第一印象は・・・作画も安定し、内容も
かなり高度になってきました!この作品、思った
よりスゴイかも!?

6話。引きこもるネヴィリルとパライエッタの
関係が描かれます。
ネヴィリルの引きこもりの原因が、アムリアだけ
ではなく、パライエッタとの関係も絡んでいると
いうのは巧いですね。

あと、パライエッタの切ない心情や、カイムを
含む複雑な関係も「百合」的にグッドです。

そして、なんと言っても8話

戦争は根深いということを感じさせるエピソード
なのですが、あることでショックを受けるアーエル
に、逆にやる気を取り戻したネヴィリルが歩み寄る
シーンの演出は惚れ惚れしました。

いままでも、良い演出、良い脚本という傾向は
あったのですが、一気に突き抜けた印象です。

元々、この作品は引きつけられる要素が多かった
のですが、これから鑑賞していくのが本当に
楽しみになってきました。

8話は「百合」度は高くないのですが、このまま
アニメとして高度で、かつ「百合」として良い
答えを出してくれたら、言うことないですが・・・

では、総評。

アレサ:私は3点8話はアニメとして良作
だった。目から鱗、という感じ。

フューシア:わたくしは4・・・3点にするわ。
この設定なら、「百合」的には、
もっとポテンシャル高いと思うのよ~

総評:●●●○○★★★

このシリーズの感想はこちら。
「シムーン」1
「シムーン」2

« 「ヤングガン・カルナバル 愛しき日々、やがて狩りの季節」 | トップページ | 今週入手した物件など+検索順位 »

コメント

更新お疲れさまです。
「8話が良回」というのには初見の時から同感だったの
ですが、DVDでキャラデザの方のコメントを読み、自分
が見事に罠にハメられたのだと気づいた時は
「シムーン恐るべし…」と改めて感じました。

シムーンはどうしても好き嫌いが分かれやすい作品なので、
「良い」と感じる方がいると少し嬉しかったりします。
4巻以降の感想も楽しみにさせていただければ幸いです。

コメントありがとうございます。
★灰羽いと様

>DVDでキャラデザの方のコメントを読み

「油断させて・・・」ですね。
個人的には、あまり油断しませんでしたが(汗)
あの巫女の笑顔にだまされた人は多そうですね。

>「良い」と感じる方がいると少し嬉しかったりします。

脚本・演出・ファンタジー的世界観ともに、私好み
ですよ。これで「百合」ならもっと良いのですが・・・

私も、今後の鑑賞が楽しみです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/14954726

この記事へのトラックバック一覧です: 「シムーン」3:

« 「ヤングガン・カルナバル 愛しき日々、やがて狩りの季節」 | トップページ | 今週入手した物件など+検索順位 »