2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« ドラマCD「苺ましまろ」Volume1,2 | トップページ | 今週入手した物件など+検索順位 »

2007.06.01

「オイレンシュピーゲル」壱

冲方丁・著、スニーカー文庫・刊

未来のドイツ・ウィーン(ミリオポリス)。四肢を
機械化された三人の少女たち(涼月、陽炎、夕霧)が、
凶悪テロリストと戦うアクションバイオレンスノベル
です。

読後の第一印象は・・・う~む。かなり好き嫌いが
分かれそうな作品です。「百合」要素もあるには
ありますが、微妙です・・・

本作は実にアクションバイオレンスです。

スピード感を信条としているような文体は、慣れない
とわかりにくい印象や雑な印象を持ってしまいそう
です。

あと、涼月たち3人とも非常に暗い過去を持っている
のと、やたらと手足が壊れたり切れたりする展開は、
なんというか、実に狙っている感じがして、ちょっと
引くかもしれませんね(汗)

ただ、お話はそれほど暗い印象はなく、どちらかと
いうとB級映画のような明るさはあります。
(ただ、この点も人を選びますが)

で、肝心な「百合」としては・・・三人娘のうち、
陽炎が夕霧のことを好きらしいのです。

ただし・・・陽炎は男好きそうなキャラで「百合」
という雰囲気を作品中から感じることはできません
でした。

まあ、男好きというのは、利用するためだけらしい
ので、妄想は可能なのですが・・・私にはそこまで
のパワーは引き出せませんでした(汗)

ただ、ライトノベルとしてはスタイリッシュな雰囲
気もするし、未来のヨーロッパのきな臭い感じも
ノベルとしては悪くないし、三人娘の名前は文化保存
のためで、本当は日本人ではないとか、そういう
設定は面白いと思いましたが・・・

では総評。

フューシア:わたくしは1点。途中、あ、これは
「百合」だわ!と思うところもあった
のだけれど・・・思い違いだったわ・・・

アレサ:私は1点。やはり狙いすぎだと思う。
こういうのが好きな人は大勢いそう
だけど、私はちょっと・・・

総評:●○○○○★☆☆

« ドラマCD「苺ましまろ」Volume1,2 | トップページ | 今週入手した物件など+検索順位 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/15282633

この記事へのトラックバック一覧です: 「オイレンシュピーゲル」壱:

» [冲方丁]『オイレンシュピーゲル 壱 BlackRedWhite』 [雲上四季]
オイレンシュピーゲル 1 (1) 作者: 冲方丁 出版社/メーカー: 角川書店 発売日: 2007/01 メディア: 文庫  面白かったー。けれど、なにか物足りない! 冲方丁はなんかもっともっと黒いはず! 2巻が黒いのでそれが楽しみ。感想はこちら。 読んでいる最中に秋山が感じていた... [続きを読む]

« ドラマCD「苺ましまろ」Volume1,2 | トップページ | 今週入手した物件など+検索順位 »