2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 「ひだまりスケッチ」3 | トップページ | 「教艦ASTRO」1 »

2007.07.31

「ストロベリー・パニック!」2

たくみなむち・作画、公野櫻子・原作、メディアワークス・刊

「漫画版」2巻の感想です。
主人公・渚砂は静馬に見初められ、エトワール選
に参加することに。そんなとき、渚砂は静馬の過去
を知り、心が揺れ動く・・・
という展開です。

読後の第一印象は・・・1巻よりかなり良い感じ
になってきています。渚砂の切ない心情が良い感じ
で描かれています。

1巻を読んだときはあまり思わなかったのですが、
漫画版は基本的に小説版の漫画化なのですね。
何人かのキャラクターデザインや3回戦あるエト
ワール選など、明らかに小説版です。

2巻では、ほとんど小説版どおりに話が進むのです
が小説版より渚砂・静馬ペアを中心に描かれている
印象が強いです。

また小説版と漫画版の一番の違いといえば「表現の
違い」
でしょうね。

漫画版では漫画らしいデフォルメがあるのですが、
これが、シリアスなシーンでも発生するのです。
これに気を取られる読者もいるかも知れませんね。
ただ、個人的には、漫画というメディアを生かして
いるとも言えるので、悪い印象は持たなかったです。

「百合」的には・・・9話で渚砂が"花織"の存在を
知り、10話で静馬に「来世での愛」を誓われ、動揺
する、という展開が秀逸です。

これは小説版も同じなのですが、小説版よりクッ
キリ描かれている
点が良いと思います。渚砂の
幼い心が揺らぐ描写は、なかなかに感情移入
できました。

あと、作画も良いです。なんというか、頑張って
作画している
という、という雰囲気が好感が持て
ました。

では総評。

フューシア:わたくしは5点。渚砂ちゃんの心理
描写が思ったより上手にできている
と思うわ!これが、切ないの!千華留ちゃんの
可愛い娘好きっぷりも他のメディアより強調され
ているわね。

アレサ:私も3点。小説版やアニメ版よりも
「百合」要素は少ないけど、それで
も、ちゃんとした「百合」作品になっていると
思う。十分3点あげられるデキ。

総評:●●●●●★★★

このシリーズの感想はこちら。
「ストロベリー・パニック!」1

« 「ひだまりスケッチ」3 | トップページ | 「教艦ASTRO」1 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/15965588

この記事へのトラックバック一覧です: 「ストロベリー・パニック!」2:

« 「ひだまりスケッチ」3 | トップページ | 「教艦ASTRO」1 »