2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 「極上生徒会」VOL.3 | トップページ | 「ひだまりスケッチ」2 »

2007.07.03

「ラビオリ・ウエスタン」

森橋ビンゴ・著、ファミ通文庫・刊

自殺した両親の残した多額の借金のため、殺し屋に
させられた少女・長谷川花緒と、彼女の殺し屋の
師匠・ラビオリの関係を描く軽くて重いノベルです。

読後の第一印象は・・・「百合」的な素地は良いの
ですが、作者が「百合」指向ではないのがネック
です。あと、作者の後書きが実に重い!

話は花緒(ハナヲ)の一人称で進みます。

ハナヲは"ボク"少女だし、独特のテンションの持ち
主なので、ライトノベルとしては珍しく、ページが
文字で埋まるようなことがあります。

ページが文字で埋まるといえば、私のペンネームの
元ネタになった筒井康隆「虚人たち」を思い出し
ます。「虚人たち」もそうですが、そういうことを
敢えて行う、というのはある種の"文学"を意識して
いるのだな、とは思いました。

# 後書きを読んでその読みは正しかったと思い
# ましたが・・・

さて、ハナヲはどちらかというと、電波系少女
両親の自殺にも動じませんでした。しかし、そうい
う娘がラビオリの残忍な殺し方にビクビクし、
いつしか慣れていく、という"痛さ"を感じさせる
展開。この辺りは巧いなと思いました。

肝心な「百合」としては、ハナヲはいつしかラビ
オリに惹かれていきます。

ある意味、愛情のようなものも感じます・・・

しかし、これがピークでした・・・

・・・直後にラビオリは死ぬのです・・・

これはショックですが、ドラマツルギーとしては
こういうこともあるか・・・と思いきや、さらに、
ハナヲは男とSEX・・・ダブルショックです(泣)

ビアンものでは行きずりの男とSEXしてしまうと
いうのが"痛い"展開として描かれることがあり
ますが、この作品の場合は、積極的ではないに
せよ、ヘテロ的な指向を感じてしまいました。

ハナヲの「自分はレズビアンではない」という
モノローグもマイナスに作用したと思います。

惜しい作品でした。

ほんの少しでも作者が「百合」に前向きだったら
・・・と思うと。

でも、これも、作者が信じる道なのでしょう。

最後のハナヲの決意と、作者のあとがきがダブっ
て思えました・・・

では、総評。

フューシア:わたくしは2点。ああ、惜しい作品
だったわ。ハナヲちゃんの一人称で
ラビオリちゃんに惹かれていく課程がとても良い
感じだったのに・・・ああっ、ロリコンは死ぬが
良いわ!

アレサ:私は2点。確かに"文学"を感じる作品
ではあった。でも、アクションもの
としては不自然な展開
もあった。両立できていれば
名作だったのに。

総評:●●○○○★★☆

« 「極上生徒会」VOL.3 | トップページ | 「ひだまりスケッチ」2 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/15641577

この記事へのトラックバック一覧です: 「ラビオリ・ウエスタン」:

« 「極上生徒会」VOL.3 | トップページ | 「ひだまりスケッチ」2 »