2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 「マリア様がみてる あなたを探しに」 | トップページ | 「ラビオリ・ウエスタン」 »

2007.07.02

「極上生徒会」VOL.3

まったくモー助・作画、コナミ株式会社・原作、メディアワークス・刊

この作品のメディア展開もこれが本当に最後になる
のでしょうね。ちょっと総括してみようと思います。

読後の第一印象は・・・大まかにはアニメ版と同じ
展開ですが、微妙に違う部分もあります。「百合」
的には・・・?

アニメ版を補完している部分もありますが、概ね
アニメ版通り
でしたね・・・よって、「百合」的に
化けるようなこともありませんでした(汗)

その中でめぼしい「百合」要素といえば、Lesson16,
17
で描かれる、銀河久遠と矩継琴葉の関係です。

アニメ版でも比較的「百合」度が高いエピソード
でしたが、漫画版でもそれは周到しています。

ただ、アニメ版より薄くなった印象なのです。
良いシーンもあるのですが「百合」的なつながりが
薄いというか・・・。

で・・・総括ですが・・・。やはり原作がゲーム会社
という部分で限界を感じました。

何というか、最初から設定された枠内でしかキャラ
クターが動けていない
と思うのです。

ゲームは人気が出れば続編が出ることも多いですが、
基本的に一本完結です。この作品は確かにアニメと
いうメディアなのですが、そういうゲーム畑の思想
感じるのです。

これはゲームというメディアの普遍的な欠点ではない
とも思います。最初から「百合」としてデザインする
ことも可能ですしね。

ただ、この作品のようにもう少しで「百合」の花が
咲く、という微妙なラインの作品には、ゲーム向け
のデザインは必ずしも「百合」方向に作用しないの
では?
と思うわけです。

しかし・・・色々書きましたが、結局ゲーム大手は
キャラクターの扱いがイマイチ、という点に尽きる
かもしれませんね(汗)

では、総評。

フューシア:わたくしは2点。難しい話はどーでも
良いのよ!「百合」をやりなさい!
それだけなのよ~!

アレサ:私は1点。まったくモー助先生の絵は
好きだけど・・・まあ、次回作に期待

●●○○○★☆☆

このシリーズの感想はこちら。
「極上生徒会」VOL.1
「極上生徒会」VOL.2

« 「マリア様がみてる あなたを探しに」 | トップページ | 「ラビオリ・ウエスタン」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/15631486

この記事へのトラックバック一覧です: 「極上生徒会」VOL.3:

« 「マリア様がみてる あなたを探しに」 | トップページ | 「ラビオリ・ウエスタン」 »