2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 「ひだまりスケッチ」4 | トップページ | 「さくらの境」3 »

2007.08.27

「暁色の潜伏魔女」1

袴田めら・作、双葉社High Action Comics・刊

実は「最後の制服」3は未レビューですが、本日は
この作品を先にレビューいたします。

魔法を使える若者を隔離するための学校・天聖学園。
そこに一人の転校生がやってくる。名前は桜田暁。
彼女は生き別れの姉を捜しに来たというのだった。
暁やクラスメイト、先輩達のコメディ、時にシリアス
学園漫画です。

本日は、久しぶりに二人がレビューします。

アレサ:特殊能力を持った若者を隔離する学園
といえば「学園アリス」「ソラに
ウサギがのぼるころ」
を思い出すね。

フューシア:い、いきなりそんなツッコミを!?

アレサ:ツッコミじゃない。こういう系統の作品
って、知らないだけでいっぱいありそう
じゃない。

フューシア:そ、そうかもね。でも、この作品は紛れ
もなく、袴田めら先生の作品
だわ。
作品世界に満ちている暖かくて優しい、それでいて
シャキッとスジの通った感じは「学園アリス」や
「ソラにウサギがのぼるころ」にはないわ。

アレサ:「学園アリス」にはあると思うけど。

フューシア:・・・リ、リリカルさはこの作品に
しかないわ!「学園アリス」はどちら
かといえばカラッとしたコメディじゃない。

アレサ:リリカルさね。確かに。
最初のうちは、暁と時子(クラスメイト)は良い
感じだったよね・・・

フューシア:ああ、それ以上言わないで(泣)
でも、一時の気の迷いは誰にもある
ものだわ。若いウチはなおさらよ。
それに「百合」要素は他にもあるわ。望月先輩や
夜先輩。

アレサ:望月智はコメディ要員っぽいよね。

フューシア:あっ・・・

アレサ:夜にしても、もし姉だったら姉妹百合
ということになって、感情移入半減
なんでしょ?

フューシア:ああっ!

アレサ:しかも、男キャラも多い・・・

フューシア:が~ん!!
ううう。見事な三連攻撃ね、アレサ
ちゃん。しかし、ええい、ままよっ!
作者は誰よ?!「百合聖」とまで言われた袴田めら
先生よ!袴田先生がこのまま終わるわけ無いわ!!

アレサ:そうだけど、今回ばっかりは分が悪い
ような気がする。袴田先生は同人誌
にはヘテロな作品を描いているし。
まあ、この作品にしてもコメディ部分、シリアス
部分、そしてその交代のテンポの良さ。漫画として
はとても良いけど、「百合」になるのは難しいの
じゃないかな。

フューシア:そんなことないわないわ~!
わたくしは信じているわ、この作品が
「百合」として大化けするこを!!

アレサ:じゃ、総評。私は2点。漫画としては
普通に面白かったな。やっぱり袴田
先生は漫画が巧いね。

フューシア:わたくしは2点。今後に期待して、
敢えてこの点にしたわ。
この作品は絶対に「百合」だわ。もしヘテロなら最初
から「百合」のフリはしないと思うわ。
今まで一話毎に「百合」作品を描いていらっしゃった
から、今回はストーリーとして「百合」にするつもり
なのよ、きっと。

アレサ:だと良いけど。
なんにしても2巻に期待ね。

総評:●●○○○★★☆

袴田めら作品の感想はこちら。
「最後の制服」1
「最後の制服」2
「フェアリーアイドルかのん」1~3
「フェアリーアイドルかのん」4
●同人誌「evil and flowers」
●同人誌「メランコリック実験」

« 「ひだまりスケッチ」4 | トップページ | 「さくらの境」3 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/16260191

この記事へのトラックバック一覧です: 「暁色の潜伏魔女」1:

« 「ひだまりスケッチ」4 | トップページ | 「さくらの境」3 »