2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 「教艦ASTRO」1 | トップページ | 「バニラ A sweet partner」 »

2007.08.02

「映画ふたりはプリキュア スプラッシュスター チクタク危機一髪!」

上北ふたご・まんが、東堂いずみ・原作、講談社 KCデラックス・刊です。

昨年公開された、同名映画の漫画化です。
毎回原作以上に「百合」にしてくれる、上北ふたご
大先生、今回はどんな「百合」を見せてくれますか!

お話は・・・舞と咲がカラオケ大会に出場すること
に!でも、直前に小さなことでケンカしてしまう。
そこに、時間を支配しようとする敵が現れる!
というような内容です。

読後の第一印象は・・・いつもより踏み込んでない
という印象ですが、「百合」っぽくはありますね。

まあ、映画館で私と握手的(汗)なお話であるのは
間違いないですね。ただ、子供向けであっても、
ラストはきっちりまとまっているのは、流石の
東映アニメと言ったところでしょうか。

どれほど原作に近くコミカライズされているのか
判りませんが、上北ふたご氏の絵はやはり、非常に
アニメ的で、綺麗で良いです。

さて、肝心な「百合」としては・・・
些細なことでケンカしてしまう舞と咲。それが原因
で敵に苦戦。でも、仲直りして大勝利!という
なんとも王道の展開です(汗)

ただ、上北ふたご作品では毎回言えることですが、
王道の展開でありながらも、友達以上に、深い関係
に思えて
しまいます(汗)

なんというか、女の子同士のしっとりした、それで
いて熱い関係を描くのが非常に巧いですよね。

今回も舞と咲の関係が綿密に描かれています。
ほとんど、二人の世界というような篤さです(汗)

そして、仲直りするくだりは、なんともはや!
二人のなれそめを回想し、手を硬く握り合う!

これって、恋人同士!・・・みたい。
そう思わせるのが良いですよね。

まあ、過去の作品ではもっと「百合」っぽい演出が
あったので、それに比べたら薄いですが、十分満足
いく展開だと思います。

では、総評。

フューシア:わたくしは3点。ああ、舞ちゃん咲
ちゃんのような硬い硬い、愛情に憧れ
るわ~。アレサちゃん!さあ、わたくしと握手!

アレサ:いや。バッチそうだし。
・・・私は1点。子供向けアニメ映画
の漫画化だけど、完成度は高いと思う。でも、
以前の作品の方が、踏み込み方が好きだったので、
今回1点にした。

漫画版「ふたりはプリキュア」の感想はこちら。
「ふたりはプリキュア」
「映画 ふたりはプリキュアマックス ハート」2
「ふたりはプリキュア スプラッシュスター」1

« 「教艦ASTRO」1 | トップページ | 「バニラ A sweet partner」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/15987350

この記事へのトラックバック一覧です: 「映画ふたりはプリキュア スプラッシュスター チクタク危機一髪!」:

« 「教艦ASTRO」1 | トップページ | 「バニラ A sweet partner」 »