2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 「チャームエンジェル」3 | トップページ | 今週入手した物件など+検索順位 »

2007.09.14

「ヤングガン・カルナバル 前夜祭・標的は木暮塵八」

深見真・著、徳間書店Edge・刊

ヤングガン(殺し屋)の少年と少女の戦いと青春を描く、
アクションバイオレンスノベル。シリーズ8作目

お話は佳境に入ります。
殺しの仕事で罠にはめられた塵八。辛くも生還するも
裏で大きな野望が動いていることを知る。それは、
"カルナバル"。この巻ではカルナバルの意味が明かされ
ます。そして、弓華は実の母と再会。ある決断を迫ら
れる。という展開です。

読後の第一印象は・・・深見真らしくない展開です
が、これはこれで面白くなってきました。
「百合」的にも、見どころ多いです。

まず、今回最大のトピックスは"カルナバル"ですね。
やっと、その意味が明かされます。

この設定はなんというか少年漫画っぽいですよね。
暗くて、青臭くて、マニアックな青春ものを描いて
いた深見作品とは少し雰囲気が異なると思います。

ただ、茶々ではなく、この世界には間違いなく、
「ノーベル殺人賞」が存在しているな、というクラ
イムバイオレンスアクションものとしての世界の
厚み
が急激に出てきたと思います。個人的にはこの
方向性は間違っていないと感じました。

そして、「百合」的には・・・
弓華の想い人だった、伶が、またさらわれます。

表現は多くはないですが、弓華はまだ伶への想いを
引きずっている
ということが判るシーンがあって
個人的にはとても嬉しかったです。

それにしても、弓華に少女ハーレムを用意していた
母・聖火が凄すぎて、思わず笑ってしまいました(汗)
それに違和感も持たず、あの母らしいと思える弓華
も流石ですね(汗)

まあ、今回もテンポ良く読ませてくれ、あっと驚く
仕掛けもあったりして(汗)なかなか楽しませて
いただきました。

作品としての満足度はいままで一番高いかも。

では、総評です。

フューシア:わたくしは3点。お母様が凄いのよ!
「弓華には、男に抱かれる女になって
ほしくない。あくまで『抱く側』であってほしい」

なんて素晴らしい教育理念!

アレサ:・・・そうか?!
私は2点。とっても楽しめた。個人的
には、こういう大風呂敷は大好き。次も楽しみ。

総評:●●●○○★★☆

このシリーズの感想はこちら、
「ヤングガン・カルナバル」
「ヤングガン・カルナバル バウンド・トゥ・バイオレンス」
「ヤングガン・カルナバル 銃と恋人といま生きている実感」
「ヤングガン・カルナバル 天国で迷子」
「ヤングガン・カルナバル ドッグハウス」
「ヤングガン・カルナバル そして少女は消えた」
「ヤングガン・カルナバル 愛しき日々、やがて狩りの季節」

« 「チャームエンジェル」3 | トップページ | 今週入手した物件など+検索順位 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/16448918

この記事へのトラックバック一覧です: 「ヤングガン・カルナバル 前夜祭・標的は木暮塵八」:

« 「チャームエンジェル」3 | トップページ | 今週入手した物件など+検索順位 »