2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 「コミック百合姫S」VOL.1 (前編) | トップページ | 今週入手した物件など+検索順位 »

2007.10.05

「コミック百合姫S」VOL.1 (後編)

ではでは、後編の感想です。
前半に引き続き、二人がレビュー致します。

「乙女色Stay Tune」藤枝雅・作

フューシア:藤枝先生にしては珍しく、しっとり感
優先されている作品ね。でも、いつもの
甘~い感じは健在ね!あと、日南子ちゃんと有世ちゃん
のカップリングって良い感じ!今後の展開が楽しみ!

アレサ:声優ネタ?とはキャッチー。でも、雰囲気
はとても良いし、甘味も十分だし、新しい
藤枝雅先生
が見られるかも。

「オトメキカングレーテル」すどおかおる・作

フューシア:アニメっぽい作品ね。ナギちゃんがお姉
さん系のキャラなのに、ちょっとテン
ション高め、というのは新鮮な設定だと思うわ。
続くのなら期待出来そうな感じね。

アレサ:こういう作品ってアニメとしては良くある
けど、本格「百合」作品としては珍しいよ
ね。これも「S」ならではの存在と言えそう。あと、
すどお先生はエロ漫画の印象の方が強いけど、そういう
作家が一般「百合」作品を描いているのは、ちょっと
感慨深いね。

「アップル・デイ・ドリーム」城之内寧々・作

フューシア:この作品を読んでいると、わたくしと
アレサちゃんの関係に思えてくるわ(汗)
由真ちゃん、もっと薫ちゃんを見てあげて~

アレサ:薫ってウザイじゃない。ヘンなヤツだし。
フューシアと同じく。ただ、4コマで
「百合」という難しい問題に取り組んでいる作品という
意味で、面白い存在よね。

「愛しのメイド様」袴田めら・作

フューシア:袴田先生にしてはライトな作品ね。でも
たまにはこういう甘い方に傾いている
作品も良いかも知れないわ。エリちゃんが可愛い!

アレサ:これも「S」にあわせているのかもね。
でも、ちょっとホロッとさせて、すぐ切り
返すようなところは流石袴田めら先生ね。

「Flower*Flower」石見翔子・作

フューシア:「スズナリ!」の石見翔子先生のお手並み
拝見!・・・良い作品だと思うけれど
ちょっと強引なような気がするわ。でも、こういう
世界観って好きだわ。それに、今まで4コマしか読んだ
こと無かったけれど、これだけ描ければ今後の活躍
に期待できるわ!

アレサ:なぜ、最後、ああいう風にしたのだろう?
そういえばあらきかなお先生もラストで
外していたし。ひょっとして、「百合」に対する"照れ"
なのかな?あらきかなお先生は既に「百合」作品を
描いているから、それはないか・・・

「約束の指」柚葉せいろ・作

フューシア:これは傑作!甘い「百合」も良いけれど、
裏切りとかではなく、愛の重さで、ここ
まで"痛い"と思わせてくれる作品
はそう無いわよ!
お嬢様の硬い硬い決意の行動!これこそ真のお嬢様
だわ!!ああ、くらくらしちゃう~。アレサちゃん!
・・・おにぎり食べる?!

アレサ:ぶっ!ヘンな冗談やめてよ。
確かに、こういう時代錯誤とも言うべき
決意の表し方が良いよね。これが現代女子校ものだっ
たら、愛の重さより、猟奇的なところだけが目立った
だろうし。そういう設定の巧さも感じる。

「カシオペア・ドルチェ」髙木信孝・作

フューシア:絵が可愛いし、甘いの~。でも、自由に
キスしちゃうような設定で、どれほど
「百合」を高められるかが問題ね。

アレサ:カラーだからかも知れないけれど、「マ
ギーペール」
よりはずっと丁寧に見える。
それだけ「百合」雑誌に賭けているのなら嬉しい。
その意気込みでどこまでやれるか、今後に期待。

総評

フューシア:ではでは総評。わたくしはもちろん5点!
確かに本誌に比べたら「百合」の焦点が
定まっていない
し、作家様の「百合」に対する距離感
のようなものを感じるところもあったわ。
でも、いままで「百合」を描きたそうな作家がこれ
ほど集まったのだもの、今後に期待しないわけには
いかないわね!
わたくしが個人的に好きな作品は「SUIKA」「約束の
指」
かしら。特に前者は「百合」として新鮮なバラ
ンス感
を感じたわ。

アレサ:私も3点。さすがに他の雑誌である程度
キャリアのある作家が集まっているだけ
あって、漫画としての完成度はいずれも高かったと
思う。フューシアが指摘したように、「百合」作品と
しては、「慣れていない」ようなところはあるけど、
これほどの作家が慣れないわけないと思う。
今回はポテンシャルの高さを感じただけでも大満足。
フューシアが挙げていない作品で、興味深い作品は
「HONEY CRUSH」「オトメキカングレーテル」かな。
どちらも「S」ならではの作品という点で。

総評:●●●●●★★★

「百合姫」シリーズの感想はこちら。
「コミック百合姫」VOL.1 (前編)「コミック百合姫」VOL.1 (後編)
「コミック百合姫」VOL.2 (前編)「コミック百合姫」VOL.2 (後編)
「コミック百合姫」VOL.3 (前編)「コミック百合姫」VOL.3 (後編)
「コミック百合姫」VOL.4 (前編)「コミック百合姫」VOL.4 (後編)
「コミック百合姫」VOL.5 (前編)「コミック百合姫」VOL.5 (後編)
「コミック百合姫」VOL.6 (前編)「コミック百合姫」VOL.6 (後編)
「コミック百合姫」VOL.7 (前編)「コミック百合姫」VOL.7 (後編)
「コミック百合姫」VOL.8 (前編)「コミック百合姫」VOL.8 (後編)

« 「コミック百合姫S」VOL.1 (前編) | トップページ | 今週入手した物件など+検索順位 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/16671956

この記事へのトラックバック一覧です: 「コミック百合姫S」VOL.1 (後編):

« 「コミック百合姫S」VOL.1 (前編) | トップページ | 今週入手した物件など+検索順位 »