2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 「ひとひら」第4巻 | トップページ | 「春夏秋冬」(ドラマCD付き) »

2007.12.13

「Pipit!!~ぴぴっと!!~」

和智正喜・著、MF文庫J・刊

先日2巻が出ていたので、ちょっとチェックしたら
意外とガチ「百合」っぽかったので買った物件です。
2巻買った場合は1巻は早めにレビューしてます(汗)

お話は・・・美倉清香は体力測定では学校一の元気
少女。ある日、転校生してきた彩原舞子に一目惚れ
時を同じくして、不思議な事件が起こり始める・・・
犯人は誰?他人を操る機械「S&M」とは?
というお話。

個人的に、他人を自由に操る能力というと筒井康隆の
「トラブル」というスプラッタ小説を思いだします。
が・・・もちろん、そんな作品ではありません(汗)

では、本日は二人がレビューいたします。

フューシア:ガチ「百合」だわ!ライトノベルから
こんなストレートな「百合」作品が出て
来るとは・・・なんて時代なのっ?!

アレサ:基本的にはライトノベル的なお話だけど
ね。それに、そんなに手放しで喜べる
かなあ、この作品。

フューシア:良いじゃない。巨大な敵が出てくるわけ
でもないし、終始ほのぼのした雰囲気は
は悪くないと思うわ。昔のジュヴナイルみたいで。

アレサ:確かにそういうところは良いかもしれ
ないけど、それ以前の問題でノベルとし
て、地味すぎないかなあ。人名を間違っているような
ところもあるし。
生き馬の目を抜くようなラノベ業界で、この作品は
あまりにも頼りない感じがする。

フューシア:小さい小さい!
業界の動向を気にして、「百合」ができ
ますか!「百合」であることが素晴らしいのよ!

アレサ:そういう、フューシアはこの作品のどこが
良いの?

フューシア:ふふふ。よくぞ聞いてくれたわね!
「S&M」は操られる側の記憶は、操る側に
筒抜けなのよ。清香ちゃんの舞子ちゃんへのラブは
本人に筒抜けなのに、舞子ちゃんのために頑張って
行動する清香ちゃんが可愛いのよ!「百合」作品は
意外とこういう普通のラノベっぽいお話がないから、
これはこれで貴重な作品だと言えるわ。

アレサ:まあ、その点では合意だけど、それに
してももうすこしテンポを良くするとか
逆に甘痛い心理描写を増やすとか、メリハリが欲し
かった
なあ。どうも淡々とし過ぎのような。

フューシア:確かにそうだけれど、私としては舞子
ちゃんが清香ちゃんの記憶を知ったお返
しに自分の子供の頃のアルバムを渡すような優しい
ところ
が表現されているだけで満足よ!
それにラストは・・・ふふふ。2巻が楽しみだわ~

アレサ:私も別の意味で2巻に期待したい。
この1巻は作者が慣れていないだけかも
しれないし。

フューシア:じゃ、総評いくわよ!
わたくしは4点。あともう少しだわ!
清香ちゃんと舞子ちゃんってとってもお似合いの
カップルだから2巻での進展に期待して、敢えて4点
にしたわ。

アレサ:私は2点。本当は1点でもよかったけど
ガチ「百合」ボーナスで+1した。

総評:●●●●○★★☆

« 「ひとひら」第4巻 | トップページ | 「春夏秋冬」(ドラマCD付き) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/17361152

この記事へのトラックバック一覧です: 「Pipit!!~ぴぴっと!!~」:

« 「ひとひら」第4巻 | トップページ | 「春夏秋冬」(ドラマCD付き) »