2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 今週入手した物件など+検索順位 | トップページ | 本日お休みいたします。 »

2008.01.20

「キディ・グレイド劇場版第一部-イグニッション(覚醒篇)-」

5年前にTV放送されていたアニメの劇場版(総集編)の
第一部の感想です。放送当時、私も結構楽しんで観て
いたので、どういう風に編集されたのかちょっと
楽しみではあります。

いつものように、あらすじを書きますと・・・舞台は
遠い未来。人類は銀河の広い範囲にまで進出していた。
主人公、エクレールとリュミエールは様々なもめ事を
収拾する機関"GOTT"という組織に所属する、エージェ
ント(超能力者)だった。彼女たちの宇宙を駆ける活躍
を描いた、スペースオペラです。(序盤は)

観賞後の第一印象は・・・やはり最初の1クールは非常
に面白いです!「百合」的にも少し+αされている
印象はあります。

「第一部」はTV版11話くらいまでの内容が描かれます。

元気娘だったエクレールが、ある事件を切っ掛けに
して、過去の自分に疑問を抱きはじめ・・・そして
ノーヴルズ(特権階級)惑星の事件が勃発・・・という
展開は実に見事です。

TV放送前半の軽いお話は、サッパリ飛ばして、エク
レール中心に編集している
のも良いです。

こう観るとエクレールって、本当に良いキャラクター
ですね。見た目もキャッチーだし、強いし、悲劇的な
面もあるし、本当に魅力的なヒロインだと改めて
感じました。

で、「百合」的には・・・まずはOPの新作の部分。
エクレールが記憶を失うシーンが描かれるのですが、
リュミエールとの永い絆が判って、良いですね。

個人的には、この作品で一番足りないのはリュミ
エールの描写だと思っているので、ほんの少しでも
こういうテコ入れはうれしいです。

あと、アニメ版でいくつかある「百合」ポイントも
ほとんど押さえられています。

まあ、やはり最近の「百合」専アニメく比べると、
薄いのは明白ですが、この作品のエッセンスが良く
出ているし、「百合」妄想する分にも良い編集だと
思いました。

でも、「劇場版」を謳うなら、ビスタサイズにして
欲しかったなあ。それと、第2部、第3部は「百合」
的なテコ入れはあるかな・・・

では、総評。

フューシア:わたくしは2点。この作品の「百合」的な
キモはリュミエールちゃんなのだけれど
あまり描かれないのが残念だわ(少し強化も見られる
けれど)。でも、二人の良いシーンがダイジェストで
観られただけでも良しとすべきかしら。

アレサ:私は2点。私としてはとても面白かった。
3点でも良かったけど、TV版を観てない
人が観て、理解できるのかな・・・そういう危惧が
あるのであえて-1した。

総評:●●○○○★★☆

アニメ版の感想はこちら。
「Kiddy Grade」CASE.1
「Kiddy Grade」CASE.2,3
「Kiddy Grade」CASE.4,5
「Kiddy Grade」CASE.6,7
「Kiddy Grade」CASE.8,9
「Kiddy Grade」CASE.10,11
「Kiddy Grade」CASE.12

« 今週入手した物件など+検索順位 | トップページ | 本日お休みいたします。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/17769259

この記事へのトラックバック一覧です: 「キディ・グレイド劇場版第一部-イグニッション(覚醒篇)-」:

« 今週入手した物件など+検索順位 | トップページ | 本日お休みいたします。 »