2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 地獄めぐりに行ってきました(汗) | トップページ | 「鋼鉄の白兎騎士団」V »

2008.02.25

「ひとひら」4

桐原いづみ・刊、双葉社・刊

あがり性のくせに演劇研究会に入会してしまった、
麦と仲間達の楽しくてほろ苦い青春演劇ストーリー。
4巻目

お話は・・・文化祭の結果を受け、演劇研究会は解散。
麦の親友だった佳代も留学。そして、野乃たち先輩も
卒業・・・。残された麦は・・・という展開。

読後の第一印象は・・・野乃、佳代もいなくなり、
しかも男性キャラの頭角により、「百合」的には大打
です・・・(泣)

まず、佳代が学園を去ります。

佳代って麦の親友と言いつつ、個人的には影が薄く
感じていました。でも、第23幕「友達だから」は親友
表現ながらグッときました~。

最後に熱いシーンを見せてくれただけでもうれしい
ですね。

そして、野乃も卒業・・・。それにしても桐原いづみ
氏は綺麗な大ゴマを見せてくれますね。野乃の表情が
とても印象的でした。

しかし・・・ここから「百合」好きにとって荊棘の
の始まりです・・・

なんだか急に男性キャラが目立ってくるのです。
まあ、それ自体は良いのですが、野乃、佳代がいなく
なった後ですから、これは苦しいですよね・・・

唯一、演劇部の初公演に野乃と麗美が一緒に登場
というところでしょうか・・・

ううむ。これからどうなっていくのでしょうか。
「百合」的な光明は出てくるのか・・・

では総評。

フューシア:わたくしは2点。野乃ちゃんと麗美ちゃん
は絶対デキているわ!雰囲気で判るわ!
でも、今後、出番が少なくなるのでしょうね・・・
それが残念だわ~

アレサ:私は2点。麦が演劇部に入るという展開は
悪くないと思う。でも、演劇部の面子は
影が薄いから、誰がこの作品を引っ張るのかが見えな
いのよね。野乃ってあまりに偉大なキャラだったよね。
いなくなって改めて感じるなあ。

総評:●●○○○★★☆

このシリーズの感想はこちら。
「ひとひら」1
「ひとひら」2
「ひとひら」3
桐原いづみ作品の感想はこちら。
「ココノカの魔女」

« 地獄めぐりに行ってきました(汗) | トップページ | 「鋼鉄の白兎騎士団」V »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/40268596

この記事へのトラックバック一覧です: 「ひとひら」4:

« 地獄めぐりに行ってきました(汗) | トップページ | 「鋼鉄の白兎騎士団」V »