2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 「鋼鉄の白兎騎士団」V | トップページ | 「コミック百合姫S」VOL.2 (後編) »

2008.02.27

「コミック百合姫S」VOL.2 (前編)

一迅社・刊

もうVOL.3も出ているというのに、今頃VOL.2の感想です。
1,2月は色々あって、「百合」ものを堪能できる心理
状態ではなかったので、伸ばしていました。

読後の第一印象は・・・ああ、やはりガチ「百合」は
良い
。どちらかというとコメディ色が強い「S」誌
ですが、それでも癒されます。

ではでは、一作ずつレビューいたします。

「カシオペア・ドルチェ」髙木信孝・作
お、また疑似三姉妹ものですね。髙木氏って心底三人娘
という設定が好きなのでしょうね。三人娘ではない作品
ってあったのだろうか・・・。でも、いきなりキスと
いうのはちょっと飛ばしすぎのような(汗)
まあ、絵は綺麗な髙木氏なので(汗)今後の展開に期待
しましょう。

「わたしの軌道」玄鉄絢・作
エロゲとかでよくある終末ものか・・・と思いきやオチ
が捻っていて面白かったです。でも、危機を脱したわけ
でもないんですよね。そこが良いです。「百合」的には
告白ものですが、オチの面白さとうまくマッチしてい
ますよね。古典的な「百合」ものにはない展開なので
新鮮に感じました。

「Flower*Flower」2nd 石見翔子・作
前回は少し気になるところもありましたが、今回は
かなり良い感じになってきました!典型的なツンデレ
展開
ですが、個人的には、主人公二人を中心に濃厚に
会話や心理を描くような「百合」作品は大好きです。
石見氏の絵も好きだし、心潤う作品です。

「やっぱり・アイドル」あらきかなお・作
3人娘ものは「百合」になりにくいのですが、それを
知ってか知らずか(多分知っている)、そのジンクスを
軽やかに破っているのが嬉しいですね。あと、地味な
役に徹していますが、エミの扱いが巧いと思います。

「sketch」吉富昭仁・作
おお、今回は王道「百合」ストーリーという感じです。
それにしても吉富昭仁氏ってこういう王道ものも描ける
のですね。そこがスゴイです。あと、オチに少しエロ
要素を入れているのも巧いですね。作家性みたいな
ものはしっかり入れています。

「乙女色Stay Tune」藤枝雅・作
そういえば、声優レズ漫画を描いてたヘンタイ漫画家
がいたっけ・・・(汗)あれと比べると(比べるな!)この
作品は天使の所行ですよ。相変わらずの甘々藤枝節が
炸裂しています。癒されます。それにしても「ロー花」
聴きたい、観たいですね~

「マイナスりてらしー」宮下未紀・作
前回より面白くなってきました。金より愛する人!
という清々しいまでの主張がとっても美味しいです。
お嬢様のキッパリしたかっこよさと、美晴へのラブ
ッぷりがとても気持ち良いです。

後半に続きます・・・(汗)

« 「鋼鉄の白兎騎士団」V | トップページ | 「コミック百合姫S」VOL.2 (後編) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/40294854

この記事へのトラックバック一覧です: 「コミック百合姫S」VOL.2 (前編):

« 「鋼鉄の白兎騎士団」V | トップページ | 「コミック百合姫S」VOL.2 (後編) »