2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 「カレン坂高校 可憐放送部 導かれた解答」 | トップページ | 「魔法使いしかっ!!」 »

2008.03.18

「アップル・デイ・ドリーム」1

城之内寧々・作、一迅社百合姫コミックス・刊

コミック「百合姫」に連載中の4コマ漫画の単行本化
です。

お話は・・・ヴィクトリアンクラシカルをテーマにし
たアパレル会社(ブランド)、アップル・デイ・ドリーム
を舞台に、見習いデザイナーの薫と巨乳の売り子・由真
ラブコメ4コマです。

読後の第一印象は・・・雑誌連載でも読んでいたんです
が通して読むと印象が違いました。意外と味があって
良い感じに思えました。

この作品「百合姫」に掲載されているときは、「百合」
的にも微妙だし、コメディ4コマとしても微妙だなあと
思っていたのですが、通して読むと、なんだか好印象
でした。

まず、薫と由真って、こんなにイチャイチャしていた
んだ・・・と再認識(汗)なんというか、本当に二人だけ
でイチャイチャしていますよね。

普通のイチャイチャではなく、「トムとジェリー」
ように、追いかければ逃げる、離れると近づくという
物理法則があって、その中で、恒星と惑星のように
イチャイチャしている・・・というか(汗)
# 余計判りにくいか(汗)

あと、由真はいわゆるツンデレなのですが、良くある
判りやすいツンデレではなく、あるときはツンツンだ
しあるときは、微妙にデレだし、あるときは薫に真摯
にデザインの提案を出したり。一筋縄ではいかなそう
なところが、リアルで良いなあ、と思いました。

個人的に一番好きな4コマは「6th day」"だから"
ですね。これ、とっても良いです。こういう、二人で
つくる、という感じが甘やかで、ポジティブな期待に
満ちていてとても良いです。

コメディとして、凄く面白いネタは少ないのですが、
ヴィクトリアンクラシカルなコスチュームがなかなか
凝っていて面白いです。4コマ毎に服装が違っていたり
と、なかなか労作の4コマ漫画だと思います。

あと、アパレル会社としてのアップル・デイ・ドリーム
も変ではあるけど、妙にリアルなところもあって、なか
なか良い味付けだと思いました。

では、総評。

フューシア:わたくしは5点。薫ちゃんと由真ちゃん
って良いカップルよね。見た目のギャップ
も良いし、ちょっとすれ違いながらも、イチャイチャ
出来るのも良いわ。まるでわたくしとアレサちゃんの
ようね!

アレサ:・・・どこがよ?!
私は2点。デザインワークとかコメディ
以外の点で面白いところは多いけど、4コマとしては
もう少し、という感じだよね。でも、後半ほど良い感じ
なので、今後の展開に期待。

総評:●●●●●★★☆

« 「カレン坂高校 可憐放送部 導かれた解答」 | トップページ | 「魔法使いしかっ!!」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/40550970

この記事へのトラックバック一覧です: 「アップル・デイ・ドリーム」1:

« 「カレン坂高校 可憐放送部 導かれた解答」 | トップページ | 「魔法使いしかっ!!」 »