2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 「Lの世界 -the L Word-」1 | トップページ | 「Venus Versus Virus」6 »

2008.03.10

「ARIA」11

先頃、大団円を迎えたこの作品ですが、私は未だ11巻
です(汗)

テラフォーミングして、水の惑星になった未来の火星
(アクア)を舞台に、まったりと、のんびりと、ときに
センチメンタルに、繰り広げられる物語・・・

読後の第一印象は・・・「百合」的に良いところも
あるのですが・・・やはりラストを知るとテンション
が保てませんね(汗)

今回も基本的にイベントものが中心に描かれますが、
いつもより灯里、藍華、アリス三人とも、心の成長
というか、ちょっとセンチメンタルなストーリー
織り交ぜられている感じがします。これは、作者が
最終話を意識しだしたのか、はたまた猫がお亡くなり
になったためか。。。

どちらにせよ、作者のメンタル的な影響を見て取れる
ような気がします。

さて、「百合」的には・・・多くはないのですが(汗)
強いて挙げるならNavigation55「黄昏時」のアリスと
アテナの師弟愛というか、そういう雰囲気の演出が
なかなか良かったです。

「百合」っぽくはないですが、Navigation51「クロー
バー」
の藍華の内面を描いたお話も悪くはないですね。

まあ・・・こんなところかなあ。

では、総評。

フューシア:わたくしは1点。この作品って「百合」
度が高い巻と、低い巻が交互に来るよう
な感じね。今回、低かったわ・・・。ラストもアレ
だったみたいだし・・・天野こずえ先生の次回作に
期待!

アレサ:・・・突っ込んで良いものやら・・・
私は2点。まあ、相変わらず雰囲気の良い
お話が多いよね。私はこの手の話には癒されないけど
ファンタジーだと割り切ってしまえば楽しめる。

総評:●○○○○★★☆

過去の感想は下記です。
「ARIA」1~4
「ARIA」5
「ARIA」6
「ARIA」7
「ARIA」8
「ARIA」9
「ARIA」10

« 「Lの世界 -the L Word-」1 | トップページ | 「Venus Versus Virus」6 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/40457922

この記事へのトラックバック一覧です: 「ARIA」11:

« 「Lの世界 -the L Word-」1 | トップページ | 「Venus Versus Virus」6 »