2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 「いおの様ファナティクス」2 | トップページ | 「コミック百合姫」VOL.10 (前編) »

2008.04.30

「シアンとマゼンタ」

砂浦俊一・著、集英社スーパーダッシュ文庫・刊

なにげに「百合」っぽい作品を書いている、砂浦俊一氏
の新刊です。

お話は・・・事故で片眼を失った代わりに、妖視<あや
かし>という能力を得た、真朱と、祖父から"つきはらい"
の術を受け継いだ藍姫の退魔バディものです。

読後の第一印象は・・・ラノベとしては普通に楽しめ、
「百合」的にも前作「吸血鬼の季節」よりはかなり良
かったです。

今回も砂浦俊一氏の作品らしく、ちょっとダークファン
タジー
という感じです。しかし、前の作品に比べたら
二人の主人公、真朱と藍姫はずいぶん明るいので、取っ
つきやすい作品
になっていると思います。

ただ、ダークな部分はやはり健在。真朱は片眼がないし
真朱と藍姫は猟奇的な事件に巻き込まれたりします。
でも、そういう怖さがライトノベルとして行き過ぎて
いないのも砂浦氏の良さかもしれません。

安心して楽しめる怖さ、といいますか。
(これは作者にとっては必ずしもほめ言葉ではないかも
しれませんが)

でも、最後の展開はちょっとツッコミ所が多いような
気がしますね(汗)

さて、「百合」的には・・・まあ、基本的には友情の
延長
です(汗)真朱は藍姫には友情以上のものを感じて
いるフシはありますが、藍姫はどちらかと言えば体育
会系ボク少女なので、あまり明確に百合百合している
シーンもありません。

でも、二人のバディとしての描かれ方が良いです。
片方のピンチを察して駆けつける、というのはバディ
ものではアリガチですが、「百合」好きには嬉しい
展開です。

あと、あくまで普通の少女としての存在感(特殊な
能力はあるが、その能力が強すぎない)があるので、
「百合」妄想に入っていき易い雰囲気もあります。

まあ、ラノベとしては普通に楽しめるし、「百合」
妄想も可能だし、悪くない作品だと思いました。

では、総評。

フューシア:わたくしは3点。真朱ちゃんと藍姫ちゃん
の絆というのかしら、離れがたい"何か"
がある雰囲気が良いわよね。欲を言えば、もう一歩の
踏み込みが欲しかったわ。

アレサ:私は2点。最後の展開は??だよね・・・
あの1ページでギャグっぽくなっちゃっ
てるし。でもまあ、普通に楽しめるので2点。

総評:●●●○○★★☆

砂浦俊一作品のの感想はこちら。
「隣のドッペルさん」
「隣のドッペルさん~瞳の中の妖精~」
「吸血の季節」

« 「いおの様ファナティクス」2 | トップページ | 「コミック百合姫」VOL.10 (前編) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/41049048

この記事へのトラックバック一覧です: 「シアンとマゼンタ」:

« 「いおの様ファナティクス」2 | トップページ | 「コミック百合姫」VOL.10 (前編) »