2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 今週で入手した物件+検索順位 | トップページ | 「断罪者 TETRAGRAMMATON LABYRINTH」5 »

2008.04.21

「午後のハレンチティータイム」

竹内佐千子・作、メディアファクトリー・刊

「ハニー&ハニー 女の子どうしのラブ・カップル」
竹内佐千子氏の新刊です。今回は、ストレートの親友・
マイがぶっちゃけトークをする、という、ある意味
性風俗ネタ漫画になっています。

読後の第一印象は・・・今回はビアンネタが少ない
ですね。恋愛やセックスにロマンを感じている方には
全くおすすめできない内容です(汗)

・・・かなりのぶっちゃけトークです。「Lの世界」
ビアンのぶっちゃけネタがあるのですが、あれが可愛く
思えるレベル
です(汗)

この手のぶっちゃけエロネタ漫画って、結構あると思う
のですが、(私は詳しくないですが)おそらく他を寄せ
付けないレベルには達している
と思います。「最強の
エロトーク」
というサブタイトルに誤りはないと思い
ます(汗)

しかも、「ハニー&ハニー」のようにビアンネタメイン
でもないので、このブログの読者にはおすすめしにくい
内容です(汗)

ただ、偽りのないぶっちゃけトークであることも事実
だと思うのです。少なくとも「女同士のセックスマニュ
アル」
(汗)よりはリアルだと思うし、この作品の価値は
そこだと思うのです。

それに、絵も良い具合に抽象化されているし、視覚的に
生々しさが無いのは良いですね。そういう意味では、
純粋にこの手のエロトークに興味がある人にはお勧め
できると思います。

また「打ちのめされた一言」で、作者の体験と思わせる
重い一人会話ではちょっとグッとくるし、前作では恋人
との別れがあり、切なかったのですが新しい彼女(ftm)
と仲良くやっているようで、ホッとすることもできま
した。

では、総評。

フューシア:わたくしは保留(汗)やっぱりロマンが欲し
いわ~。でも、他人がセックスについて
どう考えているかを知る機会は少ないし、そういう意味
では、良いかもしれないわね。

アレサ:私も保留しておく。「百合」やビアンじゃ
ないのは事実だし。でも、なかなか面白い
(笑える)ところもあるし、こういうぶっちゃけトークで
日頃の鬱憤を発散できる人には良いかもしれない。

竹内佐千子氏の作品の感想はこちら。
「ハニー&ハニー 女の子どうしのラブ・カップル」
「ハニー&ハニー デラックス 女の子どうしのラブ・カップル」

« 今週で入手した物件+検索順位 | トップページ | 「断罪者 TETRAGRAMMATON LABYRINTH」5 »

コメント

はっきり言って女性に夢を持っているひとには一切お薦めできません(爆笑)。
でも、「ハニー&ハニー」の頃からマイさんのキャラには注目していた気もしますし、彼女と竹内さんの関係の方がぶっちゃけわたしは萌えるので、今回の「相方」がマイさんで、とっても楽しめました。ここまでぶっちゃけられる親友を持ったこと自体が、竹内さんにとって幸せなことじゃないかなー、とわたしは思っています。

コメントありがとうございます
★べにすずめ様

>ここまでぶっちゃけられる親友を持ったこと自体が、竹内さんにとって幸せなことじゃないかなー、とわたしは思っています。

これは私もそう思いました。しかも、レズビアンとストレートの親友
というのもポイントですね。
こういう親友ってかなり稀有なのではないでしょうか。「Lの世界」で
すらそういう関係は見られませんから。(少なくとも今まで鑑賞して
いる範囲では)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/40953791

この記事へのトラックバック一覧です: 「午後のハレンチティータイム」:

« 今週で入手した物件+検索順位 | トップページ | 「断罪者 TETRAGRAMMATON LABYRINTH」5 »